草地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

草地(くさち、そうち)は、おもになど、以外の植物が生えている土地。草原がもっぱら大規模なものを指すのに対して、草地は比較的狭い範囲のものにも用いる表現である。草地では、草を刈って干し草を作ることもあれば、山羊といった家畜放牧して草を食わせることもある。

農地としての草地[編集]

イギリスアイルランドでは、草地を意味する言葉「meadow」の原義(古英語 mædwe)は、干し草を毎年刈る草地、すなわち「haymeadow」のことであった。これに対して、おもに放牧に用いられる土地は「pasture」と称され、草地(grass pasture)のほか、ヒースムーア森林放牧地(wood pasture)が含まれる。「Grassland」という場合は、「meadow」と「grass pasture」の両方が含まれる。

農地としての草地では、多くの場合に各種の牧草が播種されるため、「meadow」は「牧草地」とも訳される。

遷移相としての草地[編集]

牧草地、その他の農地、あるいは、他の何らかの理由でいったん切り開かれた土地も、耕作放棄されたり、放牧されなくなると、草が成長しすぎるようになり、植生の遷移相として草地が成立する。しかし、いったん草地が成立しても、その状態は長続きしない。やがて木本が見られるようになると、初期に草地へ進出した植物はその日陰になってしまい、勢いを失う。

ヨーロッパ人による植民以前の北アメリカでは、アルゴンキン語族(Algonquian)、イロコイ族、その他のアメリカ先住民たちは、定期的に森林の一部を切り開いて、遷移相としての草地を作り、餌を求めて鹿が集まるようにして、鹿狩りをした。各地に残る「ディアフィールド」(Deerfield)という地名は、先住民たちがかつてこうした狩りを通して土地管理(land management)を行っていた名残である。

恒久的な草地[編集]

スペインタピア・デ・カサリエゴ近くのビスケー湾に面した沿岸草地。

木本の成長が、環境要因によって制約されるような状況の下では、恒久的な草地が成立する。例えば、以下のような要因により、木が育たず、草地が維持されることがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]