海洋物理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津波メカニズム研究も海洋物理学の対象

海洋物理学(かいようぶつりがく、: physical oceanography[1])とは、黒潮親潮がどこをどのように流れているかなど、海洋物理的な条件・状態及び運動を記述・研究する学問である[2]。海洋物理学は「記述海洋物理学」(記述海洋学)と「理論海洋物理学」から構成され、前者の目的は海洋観測による海洋の状態、変動、物質分布の解析および記述であり、後者の目的はそのメカニズムを説明する理論・数値モデルを構築することにある。

概要[編集]

記述海洋物理学に用いられる海洋観測は多岐にわたり、海洋化学海洋生物学とも重なる部分がある。観測船(みらいなどの研究船による観測航海や商船などの篤志観測船: Voluntary Observing Ship、略称:VOS)による観測)、漂流・固定ブイによる現場観測が主流であったが、技術的発展により様々な観測方法が提案され、海洋光学(光学の応用)、海洋音響学(音響学の応用)、衛星海洋学人工衛星によるリモートセンシングの応用)などのサブカテゴリが存在する。

理論海洋物理学(海洋力学)は、気象力学とともに地球流体力学の一部分をなし、流体力学熱力学などを基礎とした応用科学である。計算物理学の一分野としても発展しており、多くの海洋数値モデルプログラム(ほとんどは差分法による微分方程式数値積分によって解かれ、有限要素法境界要素法によるものは稀)がGPLなどのライセンスによって公開されている。近年では地球シミュレーターなどの計算機の発展により、現実的な海洋に極めて近い状態をシミュレートできるまでに至っているが、混合のパラメタリゼーションなどの課題も多く残されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]