惑星地質学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アポロ17号ミッションの間に月試料を収集する、惑星地質学者およびNASA 宇宙飛行士である ハリソン・シュミット

惑星地質学(わくせいちしつがく、英語: planetary geology、astrogeology、exogeology)またはアストロジオロジーとは、惑星とその衛星小惑星彗星、および隕石などの天体地質学に関連する惑星科学分野である。その「地」という接頭辞は、通常、地球項目や、それに関連するものを示すが、惑星地質学は、歴史的かつ利便性の理由から、そのように名づけられている。それに含まれる調査の種類により、地球に基づく地質学にも密接に関連付けられる。

惑星地質学は、地球型惑星の内部構造を判断する項目などを含み、惑星の火山活動および衝突クレーター河川堆積作用などの地表過程も考察する。木星型惑星の構造も調査し、小惑星、カイパーベルト天体および彗星などの太陽系小天体の構成も吟味する。

歴史[編集]

ユージン・シューメーカーは、1960年代初めにアストロジオロジーの部門(現在は、アメリカ地質調査所内におけるアストロジオロジー研究プログラム英語版 と呼ばれる)を設立したとして高い評価を得ている。シューメーカーは、衝突クレーター、月理学、小惑星、彗星の分野およびその研究に重要な貢献を果たした[1]

アリゾナ州ウィンズロー英語版の近くのバリンジャー隕石孔のビジター・センターは、アストロジオロジーの博物館を含む。

脚注[編集]

  1. ^ Chapman, Mary G.. “Gene Shoemaker - Founder of Astrogeology”. USGS. 2012年5月21日閲覧。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

各惑星・衛星の地質[編集]