量子力学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
表面に楕円状に配置されたコバルト原子(走査型トンネル顕微鏡により観察)
量子力学
\Delta x\, \Delta p \ge \frac{\hbar}{2}
不確定性原理
紹介 · 数学的基礎

量子力学(りょうしりきがく、: Quantum mechanics)は、一般相対性理論と同じく現代物理学の根幹を成す理論として知られ[1][2]、主として分子原子、あるいはそれを構成する電子など、微視的物理現象[3]を記述する。

量子力学自身は前述のミクロなにおける力学を記述する理論だが、取り扱う系をそうしたミクロな系の集まりとして解析することによって、ニュートン力学に代表される古典論では説明が困難であった巨視的な現象についても記述することができる。たとえば量子統計力学はそのような応用例の一つである。従って、生物宇宙のようなあらゆる自然現象もその記述の対象となり得る[4]

代表的な量子力学の理論として、エルヴィン・シュレーディンガーによって創始された、シュレーディンガー方程式を基礎に置く波動力学と、ヴェルナー・ハイゼンベルクマックス・ボルンパスクアル・ヨルダンらによって構成された、ハイゼンベルクの運動方程式を基礎に置く行列力学がある[5]

基礎科学として重要で、現代の様々な科学や技術に必須な分野である[2]

たとえば科学分野について、太陽表面の黒点磁石になっている現象は、量子力学によって初めて解明された[6]

技術分野について、半導体を利用する電子機器の設計など、微細な領域に関するテクノロジーのほとんどは量子力学を基礎として成り立っている。そのため量子力学の適用範囲の広さと現代生活への影響の大きさは非常に大きなものとなっている[7]。一例として、パソコン携帯電話[8]レーザーの発振器などは量子力学の応用で開発されている[6]工学において、電子工学超伝導は量子力学を基礎として展開している[9]

関連する研究領域[編集]

現代的な立場では、量子論の中でも、基本変数として「粒子や剛体の古典力学と同じもの(たとえば位置と運動量)」に選び、足りないもの(スピンなど)は適宜補った量子論を「量子力学」と呼び、基本変数として「場とその時間微分または共役運動量」に選んだ量子論を場の理論と呼ぶ。量子力学は、場の量子論を低エネルギー状態に限った時の近似形として得られる[10]

量子力学を基礎とする応用理論一般を指して量子物理学と呼ぶことがある。これには物性物理学のほとんどの領域、素粒子物理学核物理学など広範な分野が属する。また、工学的な側面が強調される研究については、量子工学と呼ぶ場合がある。ナノテクノロジー半導体超伝導素材の基礎または応用研究など、広範な分野が属する。以上に述べた通り、量子物理学や量子工学という言葉はいずれもかなり広範囲の領域を含み、具体的な研究対象を示す意味では用いられない。

基本的な要請[編集]

量子力学における基本的な要請とその数理的な表現について以下に述べる。

シュレーディンガー方程式ハイゼンベルクの運動方程式によって量子力学的な問題を取り扱う場合、物理量作用素(さようそ、: operator)として扱われる。量子力学の個々の問題はその基本方程式の解として得られる状態によって特徴付けられ、測定され得る物理量の具体的な振る舞いは、対応する物理量の作用素をある状態に作用させることによって知ることができる。作用素は演算子とも呼ばれ、演算子によって記述される量子力学の様式は演算子形式と呼ばれる。作用素および状態が持つ一般的な性質は、それらが満たすべき物理的な要請によって与えられる。

量子力学では、ある物理量の値が確定した状態をその物理量に対する固有状態(こゆうじょうたい、: eigenstate)と呼ぶ。固有状態は物理量を表す作用素の固有関数(こゆうかんすう、: eigenfunction)として表され、物理量の値は固有関数の対応する固有値(こゆうち、: eigenvalue)に結び付けられる。

あるが取り得る物理量の値の確率分布は具体的な系の状態によって決定される。この確率分布に関する規則はボルンの規則と呼ばれる。この系の状態はある物理量の固有状態の重ね合わせによって表すことができ、また系に対して複数の物理量が与えられているなら、それぞれの物理量に対して、その固有状態の線型結合によって系の状態の表すことができる。

物理量作用素の固有値が実数であることや、状態の固有状態による展開が常に可能なことは、物理量に対応する作用素が自己共役作用素(じこきょうやくさようそ、: self-adjoint operator)であることに集約される。言い換えれば量子力学において、対応する物理量を持つ作用素はすべて自己共役作用素として表されなければならない。 ところで量子力学では観測や測定が古典論にもまして重要な意味を持っているため、「物理量」というような抽象的な呼称の代わりにオブザーバブル: observable)、つまり「観測可能なもの」と呼ぶことがある。量子力学において自己共役作用素となるべきものはこのオブザーバブルである。

ある物理量を測定し、その測定値を得た場合に、すぐさま同じ測定を続けて行うことを考えると、2回目の測定についてはその直前の測定によって、測定したい物理量に関するほとんど同時刻における完全な知識が得られている。そのため、2回目の測定値は1回目の測定値と必ず一致することが期待される。測定に関する状態の役割はボルンの規則によって規定されるべきであることから、この1回目の測定後の系の量子状態は、測定値に対応する固有状態になっていることが要求される。 このことは、系の状態を波動関数によって表せば、空間に広がっていた波動関数が測定によって、ディラックのデルタ関数のようなある一点に局在した形へと瞬間的に収縮することを示している。この現象は波束の収縮英語版と呼ばれ、波束の収縮を起こすような測定を射影測定と呼ばれる。また上述の測定に関する仮定を射影仮説(しゃえいかせつ、: projection postulate)と呼ぶ。

まとめると、演算子形式の量子力学では

の5つが閉じた有限自由度系の純粋状態の量子論の、基本原理である。ただし量子力学の基本原理の表し方には、他に経路積分形式などもある[10]

古典力学との関係[編集]

相違点[編集]

相対性理論ニュートン力学のような古典力学、また古典的な電磁気学と量子力学との大きな違いとして、不確定性原理相補性原理に代表される、観測行為とそれによって記述される物体状態の取り扱いや、それによって要求される確率的な現象の記述が挙げられる。事象が確率的にのみ記述されるということは、ニュートン力学などで成り立っていたような強い意味での因果律が成り立たないことを意味する。より詳細に言えば、量子力学において成り立つ因果律とは、シュレーディンガー方程式によって記述される波動関数の時間的変化が因果的であることをいう[11]。また、コッヘン・シュペッカー定理英語版から導かれるように、量子力学は、すべての物理量の値を同時に定まった値を持っているという素朴な実在論としては記述できず、非実在論的である。

他にも量子力学によって示される自然の際立った特徴として、原子や電子が粒子としての特徴を示す一方で波としての特徴も示す(物質波の概念)ことが知られている。一方、電波のような電磁波もまた、波としての性質を示す一方で粒子としての特徴も示す(光量子仮説)ことが知られている[12]。これらの粒子性と波動性は同時には現れず、粒子的な振る舞いをする場合には波動的な性格を失い、逆に波動的な振る舞いをする場合には粒子的な性格を失う。

量子力学の応用例の中で、古典論では解決できない問題としては、原子の安定性や大きさの一様性、黒体放射におけるプランクの法則の説明[13]や、多原子分子からなる気体比熱容量の決定[14]などが挙げられる。

古典対応[編集]

古典力学は量子力学の近似理論であると言われる。その主な理由として、

  1. 「いくつかの有力な模型で、プランク定数を 0 とみなせば古典力学に等価になること」
  2. シュレーディンガー方程式期待値を取ることで、運動方程式が得られること」
  3. 「古典力学における物理量量子化することで量子力学が得られること」

などが挙げられる。量子力学の発展の過程においては、これらの古典対応はむしろ量子力学の正当性を保証するものであった。

ボーアの対応原理

ボーアの対応原理によって、古典力学は「プランク定数が充分小さな場合の量子力学の極限」として位置付けられている。

エーレンフェストの定理

ポテンシャルの空間微分(古典的にはに対応するもの)の空間的な変化がゆっくりで、波動関数の広がっている範囲で一定と近似できるならば、シュレーディンガー方程式期待値を取ることで運動方程式が得られる。即ち位置の期待値と運動量の期待値が古典力学における運動方程式であるハミルトン方程式を満たす。

量子力学の解釈問題[編集]

量子力学と観測[編集]

量子力学では対象を状態の重ね合わせとして記述し、観測によって一つの状態がある確率で実現する。この枠組みは、それ以前までに育まれていた客観的実在を想定する決定論的記述を見直す契機になった。このため、量子力学の解釈問題が重要な課題となった。

ニールス・ボーアらの提示したコペンハーゲン解釈では、観測が行われると、状態を記述する波動関数は一つの状態に収縮しているとする。ここで、何時どのようにその状態が実現したのかについては説明を与えない。これに対し、アインシュタインらは、量子力学では記述されていないが実際にその状態を実現させた変数が存在するはずだ、と主張した(局所的な隠れた変数理論)。また、確定時期を特定することの困難を指摘する思考実験として、有名な「シュレーディンガーの猫」の例が示された。

しかしながら、局所的な隠れた変数理論は、量子力学とは異なる結論を出すことがベルの不等式によって立証され、実験検証(アスペの実験)によって棄却された。量子力学と同じ結論を出す、非局所的な隠れた変数理論は存在する。ただし、この理論は、クラスター分解性を持たず文脈依存性があることが知られている。

量子力学と意識[編集]

コペンハーゲン解釈はどのようにして観測によって波動関数が一つの状態に物理的に収縮するのかは説明しない。隠れた変数理論が数学的に成り立たないことがフォン・ノイマンによって証明された(しかし、後に、その証明に使われた仮定の1つが誤りであることが、デヴィッド・ボームによって指摘されている)。そこで、ノイマンは、収縮は観測という人間の行為と同時に起こる、として、量子力学の枠組みで説明できない意識を導入し、意識と相互作用する際に収束がおきるという主張をした。ユージン・ウィグナーは人間の意識の特別な意義を重要視する姿勢を示した。他に、ロジャー・ペンローズも意識や心と量子力学を関連させて論じている[15]。 しかし、観測の過程において、何時、どのようにして収縮が起きたかについては、それを論じる理論もなければ、それを示す証拠もなく、今日でも完全な合意は形成されていない。収縮が起きる瞬間を明確に特定できない以上、人間が認知した瞬間に起きることだけを前提として観測による状態の変化に意識が介在するという考え方に踏み込む必要性は全くないと言える。

また、このような解釈の導き出す困難をウィグナーは、ウィグナーの友人のパラドックス[16]によって示している。これは、シュレーディンガーの猫の変形であり、毒ガス発生機をランプに置き換え、さらに、猫の代わりにウィグナーの友人を箱に入れる。猫の場合には、箱の外の人間が観測しない間は猫はマクロな状態の重ね合わせと考えねばならなかったが、猫でなく人間である場合には、箱の外の人間が観測する時点で観測が行われたとすべきか、箱の中の友人が既に観測を行っているとすべきか、決められない。ウィグナーの友人のパラドックスは、フォン・ノイマンの理論が観測という基本的な定義においてさえ不完全であることを示している。

波束の収束を、観測されるミクロな対象とマクロな観測装置の両方を含めて、物理的に説明しようとする試みも進められている。しかし、量子力学の成立以来続けられているこの試みは未だ成功していない。

量子力学と論理学[編集]

古典力学ではものの状態は客観的に定まっていることが想定されている。従って例えば「在る」か「無い」かの、二値論理に従う。量子力学の枠組みにおいてはものの状態は客観的に定まっているものではなく、観測して初めて定まる。従ってものの状態は「在る」「無い」「どちらとも決まっていない(まだ観測していない)」、の三つの状態に区分できる。この、状態を三値で記述する論理(三値論理)を採用することによって、ハンス・ライヘンバッハは量子力学の枠組みの論理的基礎付けを行った[17]

また、観測により定まる命題に関する「量子論理」がフォン・ノイマンらによって提唱されている。これは古典論理と同じ二値論理であるが、分配律が成り立たないなどの点で違いがある。

量子コンピュータ[編集]

アインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックスEPR相関として認知されるようになり、ここで生じる離れた場所どうしの状態の絡み合いを量子もつれと呼ぶ。EPR相関は量子もつれを利用して離れた場所へ状態が送られる現象として理解でき、これを量子テレポーテーションと呼ぶ。

計算機の中の電子の状態は本来量子力学的に記述されるとすると、0 または 1 の2値(1ビット)ではなく、 0 と 1 が重ねあわされた途中の値を持つ場合がある。この量子論的な状態を1量子ビット (qubit) と呼ぶ。複数のqubitに対してユニタリー変換を活用して演算を行うことにより、古典計算機では実現し得なかった並列処理が可能になる。

現在情報通信分野で使われているRSA暗号などの暗号システムは、大きな桁数の素因数分解が事実上不可能である事を前提として成立しているが、量子コンピュータが実現した場合この前提が崩れる事が1994年にShorによって証明されている。また、関連する数学の分野では因数分解がNP完全問題かどうかが論点となっており、もし因数分解がNP完全問題である事が証明されれば、すべてのNP完全問題が量子コンピュータによって解かれることになる。

歴史[編集]

量子論の直接的なはじまりは、黒体放射分光放射輝度に関するマックス・プランクの研究に見られる。量子仮説を導入し統計力学からプランクの法則を再導出した1900年12月の論文[18]による。ただし、この時点では今日知られるような形式の量子力学は得られておらず、量子力学の数学的な取り扱いが整備されるのは1925年から1927年頃にかけてのことであり、ヴェルナー・ハイゼンベルク行列力学エルヴィン・シュレーディンガー波動力学の登場による[19]

20世紀初頭まで知られていた物理学の基礎理論はすべて決定論的であり、物体の運動はある初期値に従って完全に定まると考えられていた。たとえば熱力学を力学の立場から説明する目的で、ルートヴィッヒ・ボルツマンらによって統計力学の理論が形成されていたが、その基礎は古典力学であり、統計力学における確率的な事象はあくまでの統計的な性質だった。 しかしながら、同じく20世紀の初頭に建設されていった量子力学は、次第に非決定論的な性格を帯びたものであることが知られるようになった。量子力学が非決定論的であることが知られるにつれ、量子力学が真に非決定論であるか、あるいは量子力学に変わる決定論的な理論が存在し得るかなどといった議論が生じ、量子力学の理論形式の解釈をめぐり論争が展開された[20]

たとえば量子力学が形成される初期において、従来のニュートン力学相対性理論と異なり、物体が時空上に定まった軌道をとらないが、実験においてはウィルソンの霧箱などを利用することで粒子の軌跡を知ることができ、見かけ上は古典的な運動が実現されていることが指摘された[21]。この粒子の飛跡を説明する過程で、ハイゼンベルクにより不確定性原理が発見され、粒子の飛跡の問題について正当性のある物理的解釈が得られるようになった。不確定性原理によれば、物体の位置運動量の両方を定めることができず、位置を精度よく定めるほど、運動量を正確には決定できなくなる[22]。しかしながら位置と運動量の不確定性の積は、プランク定数程度の大きさになるので、霧箱の実験においては位置と運動量を充分な精度で測定することができ、粒子が連続的に運動しているように見えることについて説明付けられる。

ハイゼンベルクによって示された不確定性関係の解釈や適用範囲についてもまた、ハイゼンベルクによる提案から現在に至るまで議論が続けられている。 特に有名な議論はニールス・ボーアアルベルト・アインシュタインの討論であり、この議論はベルギーのブリュッセルにおいて1927年10月24日に開かれた第5回ソルヴェイ会議を始まりに[23]1940年代の末まで断続的に続けられた[24]。この議論の中ではまた、1935年アインシュタインらによる実在性の定義が提示され[25]、量子力学における実在性と局所性の研究が行われるきっかけとなっている。

前期量子論[編集]

前期量子論(ぜんきりょうしろん)とは古典力学統計力学)の時代から、ハイゼンベルク、シュレーディンガー等による本格的な量子力学の構築が始まるまでの、過渡期に現れた量子効果に関しての一連の理論をいう[19]

量子力学成立以前の物理学において、物体の運動はニュートンの運動方程式によって説明されていた。18世紀に産業革命がはじまるとニュートン力学はただちに機械工学に応用されはじめた。毛織物などの軽工業、鉱山での採掘などで用いるために蒸気機関が発明されると、熱機関の改良にともなって熱力学が発展した。やがて、ニュートン力学によって熱力学を説明する試みによって初期の統計力学が構築された。また、19世紀になって電磁気現象の理論体系が形成され、光学的現象は空間の成す電磁場の振動、すなわち電磁波によって説明されるようになった。

産業革命がやがて製鉄などの重工業に広がりをみせるとグスタフ・キルヒホフ溶鉱炉の研究から1859年黒体放射を発見した。黒体放射のスペクトルの理論的研究は、統計力学と結びつくことによって量子力学の基礎となる理論を与え、最終的にマックス・プランクによってプランク分布が発見された(エネルギー量子仮説、1900年発表)。物理的に黒体放射をプランク分布で説明するためには、黒体が電磁波を放出する(電気双極子が振動する)ときの振動子のエネルギーが離散的な値をとることを仮定する必要がある(量子化の概念、プランク定数の導入。詳細は黒体放射の項を参照のこと)。

マイケル・ファラデーカール・フリードリヒ・ガウスが幾何学的考察から見出した電磁力に関する法則をジェームズ・クラーク・マクスウェル1864年マクスウェルの方程式としてまとめ、電磁波の存在を予想した。1887年にこの予想に基づいてハインリヒ・ヘルツ電磁波の実証実験に成功し、無線の発明の基礎を与えた。さらに、この実験の中で後の量子力学の端緒のひとつとなった光電効果を発見した。光電効果はその後フィリップ・レーナルトらによって実験的研究が進められた。

1905年アルベルト・アインシュタインは、プランクの用いた量子化の概念を用いて、電磁波に粒子としての性質があること(光量子仮説)を発表した。1923年アーサー・コンプトンが電子によるX線の散乱においてコンプトン効果を発見したことで有力な証拠を得た(詳細は光量子仮説の項を参照のこと)。

1924年ルイ・ド・ブロイは、アインシュタインが1905年に発表した光量子仮説に基いて、光が粒子のように振る舞うように、物質も波のように振る舞うという仮説を立て、粒子の運動量と物質波の波長を結びつけた。ド・ブロイの仮説の正当性は後に、1927年デイヴィソン=ガーマーの実験英語版によって示された[26]。金属結晶による電子線の回折を確認する実験は、クリントン・デイヴィソンレスター・ガーマー英語版らの他に、1927年にジョージ・パジェット・トムソンによっても行われており、デイヴィソンとパジェット・トムソンはこの功績により1937年ノーベル物理学賞を得ている。1928年には日本の菊池正士雲母の薄膜による電子線の干渉現象を観察し、電子が波動性をもっていることを示している。

原子モデルおよび元素のスペクトルについての議論もまた量子力学に重要な知見を与えた。ファラデーが電気分解の実験によってイオンの存在を指摘し、やがて荷電粒子によって原子が構成されていることが認められるようになった。 1911年アーネスト・ラザフォードは、ガイガー=マースデンの実験から得られた結果を元に、今日ラザフォードの原子模型として知られる、新たな原子構造のモデルを提案した[27]。1911年の論文においてラザフォードは、ガイガーとマースデンによって行われた散乱実験について検討し、原子は中心に集中した小さな原子核とその周囲を回る電子によって構成されると結論した。 しかしながら、ラザフォードのモデルは既存の電磁気学と古典力学から得られる結論と両立しないという困難があった。古典的な電気力学の定理をラザフォードの原子に適用すると、原子核によって加速された電子は、そのエネルギー運動量電磁波として放出して失うから、結果的に原子は速やかに崩壊してしまうことが指摘されていた[28][29]

1913年、ニールス・ボーアはラザフォードらによって得られた原子構造と、それ以前から報告されていた原子のスペクトル線に関する結果から、原子に束縛された電子はある定常状態にあって、定常状態の電子は電磁波を放出せず、原子のスペクトル線の周波数は電子が異なる定常状態へ遷移する際に生じるエネルギー準位の差によって決定される、という仮定を導き出した[30]。このモデルは今日、ボーアの原子模型と呼ばれる。ボーアは定常状態に関する仮定から、水素原子の問題に関する量子条件を得た。この量子条件はボーアの量子条件: Bohr's quantum condition)と呼ばれる。ボーアの量子条件によって、原子の定常状態が実現し得るためには水素原子核の周りを運動する束縛電子の角運動量換算プランク定数の整数倍になっていなければならないが、その物理的な意味は明らかではなかったが、後にド・ブロイの物質波を導入することで電子波が軌道上で定常波を成す条件として理解されるようになった。

1915年から1916年にかけてアルノルト・ゾンマーフェルトによってボーアの方法が拡張された[31]。ゾンマーフェルトによる量子条件はボーア=ゾンマーフェルトの量子化条件として知られる。ゾンマーフェルトはボーアの理論をニュートン力学の形式から解析力学の正準形式に置き換え、これにより 1 つのエネルギー準位に対して、ボーアの円軌道の他に楕円軌道をとる束縛電子が存在することが示された。これにより磁場中の原子のスペクトルが分裂するという正常ゼーマン効果は、同じエネルギー準位を持つ異なる電子軌道が、磁場によって別々のエネルギー準位を持つこととして理解できるようになった。

ボーアのモデルについて、電子が定常状態から別の定常状態へ遷移する機構は知られていなかったが、アルベルト・アインシュタイン1917年に、原子核崩壊からの類推によって、電子・原子核系すなわち原子の状態遷移が確率的に起こるというモデルを導入した。アインシュタインは、自身のモデルと古典的な統計力学を組み合わせることにより、原子集団の熱放射のエネルギー分布としてプランクの公式が得られることを示した[32][33]

1920年、ゾンマーフェルトはアルカリなどにおけるスペクトルの多重構造と異常ゼーマン効果を説明するために、角運動量に関する半整数の量子数を新たに導入した[34]。この原子が持つ新たな角運動量を説明する理論として、原子の芯が角運動量を持つというモデルが考案された。1921年アルフレート・ランデ英語版はこの磁気芯モデルに基いて量子論的な角運動量の合成則を導き、また1923年には異常ゼーマン効果を与える公式を導いた[35]。異常ゼーマン効果を説明するにあたり、ランデはg因子と呼ばれる因子を導入し、その値が正確に 2 であることを述べた[36]

一方でヴォルフガング・パウリは磁気芯モデルのように原子の芯が角運動量を持つのではなく、軌道電子が持つ非古典的 2 値性によって異常ゼーマン効果が起こるという見方を示し、1924年12月に排他原理と呼ばれる量子論の非古典的な原理を得た[37]。このパウリの 2 値性について、1925年にラルフ・クローニッヒ英語版は電子の自転と結びつけるアイデアを示したが、パウリはクローニッヒのモデルを非現実的なものとして受け入れなかった[38]。電子が古典的な自転運動をするというモデルには、電子が自転する際に持つべき角運動量の大きさを実現するためには電子表面の速度が光速を超えていなければならないという困難があった。1925年、サミュエル・ハウシュミットジョージ・ウーレンベックらはクローニッヒと同様の電子の自転モデルを考えた。ハウシュミットとウーレンベックは電子は軌道角運動量の他に量子化された角運動量を持ち、ある方向について上向きと下向きの 2 つの自由度を持つとし、磁気芯モデルに基づくランデの計算の再評価を行った。 この電子が持つ新たな角運動量は今日、スピン角運動量と呼ばれる。1921年に磁気モーメントの量子化を確認する目的で行われたシュテルン=ゲルラッハの実験において、不均一磁場を通した銀原子線が2つに分岐する現象はこのスピン角運動量の自由度によって説明できる[39]

量子力学の完成[編集]

量子力学の発展に貢献した科学者達。第5回ソルベー会議(1927年)にて。

前期量子論の、(ニュートン力学的な)粒子としての性質と(マクスウェルの電磁気学的な)波としての性質をもった量子という概念の発見であるとすれば、ハイゼンベルク、シュレーディンガー等による量子力学の基本方程式の構築は、ニュートンの運動方程式マクスウェルの方程式を統合したものであるといえる。

最初の統一的な量子力学の理論はヴェルナー・ハイゼンベルクによって与えられた。1925年、ハイゼンベルクはそれまでの量子論における状態の遷移に関する規則を一般化し、位置のような運動学的な量と、運動量のような力学的な量を結びつけた。このハイゼンベルクの方法は、マックス・ボルンパスクアル・ヨルダンポール・ディラック、そしてハイゼンベルク自身によって発展され、同年の1925年に行列力学として定式化された[40]。ハイゼンベルクらによって、量子力学は非可換代数として理解されるようになった。

ド・ブロイが提案した物質波の概念を発展させる試みから、ピーター・デバイの指摘に促され、シュレーディンガーは1926年シュレーディンガー方程式を得た[41]。同じく1926年に、シュレーディンガーはハイゼンベルクらによる行列力学と自身の波動力学の対応関係を示し、両者の理論が数学的に等価であることを示した[42]。シュレーディンガーによって、ド・ブロイが描いた物質の波動的描像が明確に示された。しかしながら、当初ド・ブロイやシュレーディンガーが思い描いたような空間に広まった物質の波動という描像は、波動関数が配位空間英語版上を動く波であって実空間上の波動ではないことなどから否定的に見られることとなる[43]

1926年のシュレーディンガーの発表を受けて、ボルンは同じ年に波動関数確率解釈を提示した。ボルンが示した要請は今日、ボルンの規則と呼ばれる。

ハイゼンベルクらによって発展された行列力学と、シュレーディンガーらによって形成された波動力学は、いずれも演算子形式の非相対論的量子力学における特別な形式の一つである。時間発展の役割を演算子に負わせた形式をハイゼンベルク描像といい、ハイゼンベルク描像における量子力学の基本方程式をハイゼンベルクの運動方程式と呼ぶ。同様に状態ベクトルの時間発展として量子系を描く描像をシュレーディンガー描像といい、シュレーディンガー描像における基本方程式をシュレーディンガー方程式と呼ぶ。あるいは、状態ベクトルを固有状態で展開した際、その固有状態の係数として現れる波動関数の時間発展方程式もシュレーディンガー方程式と呼ばれる。本来、シュレーディンガーが見出した形式は波動関数に関するものである。

1927年にはハイゼンベルクによって不確定性原理が示された。ボーアは、不確定性原理を基礎として量子力学の物理的解釈を構築し、相補性の概念を導入することで量子力学の物理的な基礎づけを試みた。ボーアに始まる、不確定性と確率解釈を統合する物理的な描像はコペンハーゲン解釈として知られている。

量子力学の解釈については、大きな議論が巻き起こった。確率解釈を嫌ったアインシュタインは、「神はサイコロを振らない」という有名な言葉を残した。

ハイゼンベルクやシュレーディンガーらによって示された量子力学は非相対論的な理論であった。相対論的な量子力学の定式化は、シュレーディンガーが波動力学を模索するにあたり、非相対論的理論を構築する以前に試みられていたが、既存の結果に一致するものは得られていなかった。相対論的な形式として、1926年にクライン=ゴルドン方程式が示されたが、クライン=ゴルドン方程式はスピン角運動量を含まず、波動関数の確率解釈を適用するには、確率が負になるという困難があった。 1928年の1月にポール・ディラッククリフォード代数を導入することにより、確率が負にならない相対論的量子力学を構成した。ディラックが導いた方程式はディラック方程式と呼ばれる。

またディラックは1939年ブラ-ケット記法を導入した。ディラックに因み、ブラ-ケット記法はディラック記法: Dirac notation)とも呼ばれている。ブラ-ケット記法とは、ヒルベルト空間のようなある空間上の状態ベクトルをケット: ket)、その双対空間上のベクトルをブラ: bra)で表す記法のことで、ブラとケットの自然な積として波動関数の内積などを簡潔かつ視覚的に示す目的で利用される。

1932年ジョン・フォン・ノイマンは演算子理論としての量子力学の厳密な数学的基礎を与えた(量子力学の数学的基礎)。

量子力学の完成以降の発展と応用[編集]

量子力学の定式化が行われるようになって、現代物理学では量子力学とアインシュタインの相対性理論が最も一般的な物理学の基礎理論であると考えられるようになった。その後、電磁相互作用、重力相互作用を量子力学に組み込むことが求められるようになった。それぞれ、特殊相対性理論一般相対性理論と量子力学の橋渡しをしてひとつの定式化された理論を目指すことに相当する。

1950年代にリチャード・ファインマンフリーマン・ダイソンジュリアン・シュウィンガー朝永振一郎らによって量子電磁力学が構築された。量子電磁力学(りょうしでんじりきがく、: Quantum electrodynamics: QED)とは、電子を始めとする荷電粒子間の電磁相互作用を量子論的に記述する理論である。一方、量子力学と一般相対性理論を合わせた理論(量子重力理論)は、いまだ完成されていない。

さらに素粒子物理学の発展によって従来考えられていなかった電磁力や重力以外の基本相互作用が認められるようになった。量子色力学が研究されるようになり、1960年代初頭から始まる。今日知られる様な理論はデイヴィッド・ポリツァーデイヴィッド・グロスフランク・ウィルチェックらにより1975年に構築された。すべての基本相互作用を含む大統一理論の探求がおこなわれている。

これまでに、シュウィンガー、南部陽一郎ピーター・ヒッグスジェフリー・ゴールドストーン英語版らと他大勢の先駆的研究に基づき、シェルドン・グラショースティーヴン・ワインバーグアブドゥス・サラムらは電磁気力弱い力が単一の電弱力で表されることを独立に証明している(電弱理論)。

量子力学の成立によって物性物理学の発展に基づいた現代の工学の発展は可能になった。今日のIT社会ないし情報化社会と呼ばれる状況を成立させている電子工学も、半導体技術などが量子力学をその基盤としている。量子力学はまた化学反応の現代的な記述を可能にし、量子化学の分野が発展した。

脚注[編集]

  1. ^ 内井 2007, p. 1.
  2. ^ a b 石川 2011, p. i.
  3. ^ 松村 et al. 2014.
  4. ^ 山田 2003, pp. 6-7.
  5. ^ NetAdvance Inc. 『ジャパンナレッジ』 「量子力学」の項、2014年、NetAdvance Inc.。
  6. ^ a b 山田 2003, pp. 7.
  7. ^ 筒井 2002, p. 5.
  8. ^ 柴田 et al. 2013.
  9. ^ 村上 2006.
  10. ^ a b 清水 2004.
  11. ^ 江沢 2002, p. 83-84; 107-108, §5.4 量子力学における因果律; §6.2 状態.
  12. ^ 朝永 1981, pp. 213-224.
  13. ^ 田崎 2008, pp. 233-268, 7. 電磁場と黒体輻射.
  14. ^ 田崎 2008, pp. 185-195, 5-7 二原子分子理想気体の熱容量.
  15. ^ ペンローズ 1994.
  16. ^ ウルフ 1991, pp. 290-294.
  17. ^ Reichenbach 1998.
  18. ^ Planck 1900.
  19. ^ a b 高野 1981, p. 183.
  20. ^ 矢沢サイエンスオフィス 1998, pp. 64-81.
  21. ^ 山本 1999, pp. 356-359, 解説.
  22. ^ 都築 1995, pp. 134-135.
  23. ^ 山本 1999, pp. 221-229; 365-366, 原子核物理学における認識論上の諸問題をめぐるアインシュタインとの討論; 解説.
  24. ^ 山本 1999, pp. 365-402, 解説.
  25. ^ 山本 1999, pp. 254-257; 381-387, 原子核物理学における認識論上の諸問題をめぐるアインシュタインとの討論; 解説.
  26. ^ 江沢 2002, pp. 69-71, §5.1 電子波の干渉.
  27. ^ Rutherford 1911.
  28. ^ 江沢 2002, pp. 33-35, §2.2 原子の安定性.
  29. ^ 砂川 1987, pp. 307-311, 第7章 §3 点電荷による電磁波の放射とその反作用.
  30. ^ 江沢 2002, pp. 41-42, §3.2 ボーアの原子構造論.
  31. ^ 高林 2010, pp. 90-93, §4.2 量子条件とゾンマーフェルトの理論.
  32. ^ 江沢 2002, pp. 52-54, §3.5 アインシュタインの遷移確率.
  33. ^ 山本 1999, pp. 215-217, 13. 原子物理学における認識論上の諸問題をめぐるアインシュタインとの討論.
  34. ^ 高林 2010, pp. 132-133, §5.2 スピンと排他律.
  35. ^ 高林 2010, pp. 133-134, §5.2 スピンと排他律.
  36. ^ 高林 2010, p. 134, §5.2 スピンと排他律.
  37. ^ 高林 2010, pp. 134-135, §5.2 スピンと排他律.
  38. ^ 高林 2010, pp. 135-136, §5.2 スピンと排他律.
  39. ^ 高林 2010, p. 93, §4.2 量子条件とゾンマーフェルトの理論.
  40. ^ 山本 1999, pp. 38-41; 352-354, 1. 量子仮説と原子理論の最近の発展; 解説.
  41. ^ 江沢 2002, pp. 56-59, §4.1 シュレーディンガーの波動方程式.
  42. ^ 山本 1999, pp. 352-354, 解説.
  43. ^ 山本 1999, p. 47, 1. 量子仮説と原子理論の最近の発展.

参考文献[編集]

関連項目[編集]