古典力学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古典力学
歴史

古典力学(こてんりきがく、Classical mechanics)は、量子力学が出現する以前のニュートン力学相対論的力学[1]

概要[編集]

物理学における力学に関する研究、つまり適当な境界の下に幾何学的表現された物質やその集合体の運動を支配し、数学的に記述する物理法則群に関する研究のうちの主な二つうちの一つである。ちなみに、もう一つは量子力学にあたる。

古典力学は、マクロな物質の運動つまり、弾道計算から部分的には機械動作、天体力学、例えば宇宙船衛星の運動、銀河に関する研究に使われている。そして、それらの領域に対して、とても精度の高い結果をもたらす、最も古く最も広範な科学工学における領域のうちの一つである。古典力学以外の領域としては気体液体固体などを扱う多くの分野が存在している。加えて、古典力学は光速に近い場合には特殊相対性理論を用いることによってより一般な形式を与えることとなる。同様に、一般相対性理論は、より深いレベルで重力を扱うこととなり、量子力学では、分子原子における、粒子と波動の二重性について扱うこととなる。

歴史[編集]

古典力学という言葉は20世紀初頭、ティコ・ブラーエによる精密な測定とガリレオによる地上でのに関する研究を基に、ヨハネス・ケプラーが初期の天体の運動に関連する理論を創り、それを基にしたアイザック・ニュートンや同時代の多数の17世紀における自然哲学者によって創設された数理物理の体系に対して用いられるようになった。それらは量子力学と相対性理論が創られる前の出来事である。従って、一部の書籍では相対性理論をこれらの項目から除いている。しかしながら、モダンな書籍においては、筆者等にとっては、現在、最も新しく、最も正確な古典力学である相対性理論を積極的に取り込んで書かれている。

初期の古典力学はしばしば、ニュートン力学として引用される。物理的概念や、数学的方法論がニュートン自身(並行してライプニッツやその他の研究者)によって用いられ創られたことによる。この点については、各項目において詳しく述べる。より抽象的で一般的な方法論としてラグランジェ力学ハミルトン力学が挙げられる。古典力学における多くの項目は、18世紀から19世紀にかけて作られ、それらはニュートンの仕事から、(特に解析力学等は)かけ離れたものとなっている。

出典[編集]

  1. ^ 大辞泉(小学館) こてん‐りきがく【古典力学】

関連項目[編集]