ユージン・ウィグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1963年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:原子核および素粒子に関する理論への貢献、特に対称性の基本原理の発見とその応用

ユージン・ポール・ウィグナー (: Eugene Paul Wigner, ハンガリー語: Wigner Pál Jenő (ヴィグネル・パール・イェネー), 1902年11月17日 ブダペシュト - 1995年1月1日 プリンストン)は、ハンガリー出身の物理学者ユダヤ系。「 原子核素粒子理論における対称性の発見」により1963年ノーベル物理学賞受賞。

経歴[編集]

ユージン・ウィグナー (左)
Werner Heisenberg + Eugene Wigner (1928)

ベルリン工科専門大学(Technische Hochschule in Berlin)(現在のベルリン工科大学)で学ぶ。1926年、ベルリン工科専門大学助教授に就任、カイザー・ヴィルヘルム物理化学研究所の研究員を兼任した。 ナチス・ドイツがヨーロッパに勢力を広げるのに伴い、ユダヤ系であることから迫害を逃れてアメリカ合衆国に亡命した。1936年にウィスコンシン大学で物理学の教授、1938年から1971年までプリンストン大学で数学の教授を務めた。同じハンガリー出身のレオ・シラードエドワード・テラーらと、ナチスドイツによる原子爆弾開発の危険性をアメリカ政府に訴える活動にかかわる。アメリカの原爆開発のきっかけとなったアインシュタイン名による大統領宛書簡の起草にもシラードやテラーとともに携わった。原爆開発のマンハッタン計画がスタートするとそのメンバーとなる。晩年のウィグナーはシラードについて、科学者としての能力と人間性について辛辣ながらも情愛のこもった見解を述べている[1]

1953年に国際理論物理学会・東京&京都で来日している。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内藤惣七「科学者の責任を考えるために」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]