ヒュー・エヴェレット3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒュー・エヴェレット3世
Hugh Everett III
人物情報
生誕 1930年11月11日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
死没 1982年7月19日(満51歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バージニア州
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 プリンストン大学
The Catholic University of America
学問
研究分野 数学
物理学
理論物理学
量子力学
オペレーションズ・リサーチ
最適化問題
研究機関 Institute for Defense Analyses
Monowave Corp.
博士課程
指導教員
ジョン・ホイーラー
他の指導教員 ユージン・ウィグナー
主な業績 エヴェレットの多世界解釈」の提唱
「エヴェレットの定理」の確立
影響を
受けた人物
エルヴィン・シュレーディンガーなど
テンプレートを表示

ヒュー・エヴェレット3世(Hugh Everett III、1930年11月11日 - 1982年7月19日)は、アメリカ合衆国物理学者。専門は理論物理学量子力学1957年エヴェレットの多世界解釈を提唱したことで有名。

概説[編集]

ワシントンD.C.出身。アメリカ・カトリック大学数学を専攻。その後、プリンストン大学へ進学し、ユージン・ウィグナージョン・ホイーラーのもとで物理学を専攻する。1955年修士号、その後1956年から博士研究を開始し、1957年大学院生のヴェレットは量子力学観測問題多世界解釈の理論を提唱し、一躍、量子力学の世界で非常に有名な存在となった。物理学博士

関連項目[編集]