参謀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

参謀(さんぼう、:Military staff)とは、軍隊などの軍事組織において高級指揮官幕僚として、作戦・用兵などに関して計画・指導にあたる将校の役職。

概要[編集]

軍隊において部隊の指揮系統は単一であるために、あらゆる決心は指揮官が単独で行う。しかしながら高級指揮官は軍事作戦を指揮統制するために処理すべき情報や作業が膨大なものとなる。これを組織的に解決するために参謀組織が情報収集、情報処理などの面で高級指揮官を補佐することとなる。そのために指揮官に対する発言権は認められていたとしても、部隊の指揮権は持たない。

幕僚組織は全般的に高級指揮官(陸軍を例にすると主に総軍総司令官方面軍司令官司令官・軍団司令官・師団長・旅団長といった戦略単位の上級部隊を率いる指揮官)を司令部にて補佐する。 アメリカ軍式幕僚組織としては幕僚はその専門領域から一般幕僚と特別幕僚に区分される。一般幕僚は情報、作戦、兵站などに分類され、特別幕僚は総務、通信、工兵、補給、警務などに分類されている。旧日本軍においては、幕僚の中でも特に作戦・用兵を担当する将校を「参謀」と呼称し、その他の幕僚と別扱いにした。 自衛隊においては、幕僚の職務内容が作戦・用兵(軍令)のみならず、防衛行政全般を含むようになったため、参謀という言葉は用いられず、陸上海上航空幕僚長というように、幕僚が用いられるようになった。

歴史[編集]

近代以降の軍事組織の合理化によって形成された組織システムであるが、古くは軍師、指南役がこの参謀に当たる職務を果たしていた。慣用句として企業経営者に助言する知恵袋のような存在を指すこともある。

近代的な参謀制度は、プロイセンドイツ)の参謀本部からはじまった。これはそれまで個々の指揮官の裁量に任されてきた指揮統制の機能を一般化・組織化することが理由であった。参謀としては、シュリーフェンモルトケなどが有名である。この組織は有効性が認められて以降は各国軍で採用されるようになった。なおドイツ陸軍ではプロイセン以降、ナチス・ドイツ時代の国防軍に至るまで独立した兵科として参謀科を置いていた。

旧日本陸軍では、参謀総長陸軍三長官)が長を務める参謀本部を筆頭に、部隊では参謀部は旅団以上に設置された(総司令部を擁する総軍参謀部の長は「総参謀長」と、方面軍以下の参謀部の長は「参謀長」と称した)。参謀は未来の高級指揮官を教育する参謀本部管轄の軍学校である陸軍大学校にて養成していた。著名な参謀ないし参謀経験者としては、日露戦争時の満州軍総参謀長児玉源太郎シベリア単騎横断実地調査を行った福島安正柳条湖事件関東軍作戦主任参謀石原莞爾ノモンハン事件などにおける辻政信太平洋戦争開戦時の参謀総長杉山元香港攻略戦時の第23軍参謀長栗林忠道大本営陸軍部参謀瀬島龍三沖縄戦における第32軍高級参謀八原博通、その高い分析能力からアメリカ軍の侵攻パターンを的確に予測し「マッカーサー参謀」と称された堀栄三などが知られている。

旧日本海軍では、軍令部総長が長を務める軍令部を筆頭に、部隊では参謀部は艦隊戦隊などに設置された。陸軍とは異なり海軍大学校は参謀養成学校ではなく、同校卒業生でなくても参謀職についている[1]。海軍の参謀としては日本海海戦時の第一艦隊首席参謀秋山真之太平洋戦争開戦時の軍令部総長永野修身、同じく開戦時の連合艦隊参謀長宇垣纏真珠湾攻撃の実施計画をまとめ山本五十六の懐刀と呼ばれた黒島亀人、真珠湾攻撃・ミッドウェー海戦の航空参謀源田実第一次ソロモン海戦捷号作戦等の奇抜な作戦立案から神懸かりと揶揄された神重徳などが知られている。

種類[編集]

参謀は国によって異なっているので一概には言えないが、しばしば以下のように区分されている。[2]

  • 幕僚長参謀長)(Chief of staff) - 一般幕僚と特別幕僚を指揮し、幕僚部を統括する。
  • 幕僚(参謀)副長(Deputy chief) - 作戦担当(Plans and Operations)と管理担当(Administration)がおり、幕僚長(参謀長)を補佐する。
  • 一般幕僚(General staff) - それぞれの部門の長で構成され、幕僚会議で全ての分野に発言権を持ち、各分野を調整する。
    • 人事・行政幕僚(参謀)
    • 情報幕僚(参謀)
    • 作戦幕僚(参謀)
    • 後方幕僚(参謀)
    • 計画幕僚(参謀)
    • 通信幕僚(参謀)
  • 特別幕僚(Special staff) - 司令部の専門将校などから構成され、指揮官の指揮下で、一般幕僚の調整を受ける。参謀長の指揮統制で増員や減員を受けるため必ずしも一様ではない。
    • 工兵幕僚
    • 輸送幕僚
    • 監察幕僚
    • 広報幕僚
    • 会計幕僚
    • 法務幕僚
    • 憲兵幕僚
    • その他専門幕僚

補足[編集]

比喩表現として、組織において参謀的な立場の人物や、上司・主君・リーダーに対する補佐的な仕事をつとめ、忠実でいざというときに頼りになる、信頼のおける部下・家来のことを参謀参謀格参謀役などといい、「懐刀」などとほぼ同義で使われる。

脚注[編集]

  1. ^ 吉田俊雄『海軍参謀』ISBN 4-16-736005-5 pp.61-62、p.117
  2. ^ J.D.ニコラス空軍大佐、G.B.ピケット陸軍大佐、W.O.スピアーズ海軍大佐著、野中郁次郎、谷光太郎訳『統合軍参謀マニュアル』(白桃書房、昭和62年)54項 - 76項

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • J.D.ニコラス空軍大佐、G.B.ピケット陸軍大佐、W.O.スピアーズ海軍大佐著、野中郁次郎、谷光太郎訳『統合軍参謀マニュアル』(白桃書房、昭和62年)ISBN 978-4561241409
  • 松村劭『バトル・シミュレーション 戦術と指揮 命令の与え方・集団の動かし方』(文藝春秋、2005年)