ジョージ・ウーレンベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウーレンベック、クラマースゴーズミット。1928年頃の写真。

ジョージ・ウーレンベックGeorge Eugene Uhlenbeck1900年12月6日 - 1988年10月31日)はアメリカ合衆国に移住したオランダ物理学者である。電子のスピンの発見者とされる。

経歴[編集]

オランダの植民地だったジャワ島オランダ領東インド、現インドネシア)で生れた。6歳の時家族とオランダに戻った。デルフト工科大学からライデン大学に進んだ。ライデン大学ではポール・エーレンフェストの元で、量子力学を学んだ。オランダ大使の息子の家庭教師としてイタリアにいった時、エーレンフェストの紹介でエンリコ・フェルミと親交を結んだ。1925年サミュエル・ゴーズミットとスピンのモデルについての論文を発表した。1927年、結婚した後、ミシガン大学で職をえた。1935年ユトレヒト大学の教授となった。1938年にはオランダを去ってコロンビア大学で働いた。1943年から1945年の間はマサチューセッツ工科大学レーダー研究のグループで働いた。戦後はミシガン大学に戻り、その後プリンストン大学、再びミシガン大学、ロックフェラー研究所で研究した。

ウーレンベックとゴーズミットは、電子が自転しながら原子核のまわりを回っていると仮定して、この自転運動にスピンと言う名前をつけた。相対性理論に矛盾するモデルであったが、エーレンフェストが彼らが「充分若いのでバカなことをしても許される」として論文を投稿したというエピソードは有名である。

主な受賞[編集]

関連項目[編集]