ピーター・ヒッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・ウェア・ヒッグス
ピーター・ウェア・ヒッグス
人物情報
生誕 Peter Ware Higgs
1929年5月29日(85歳)
イギリスの旗 イギリス ニューカッスル・アポン・タイン
居住 イギリスの旗 イギリス
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 キングス・カレッジ・ロンドン
学問
研究分野 物理学
理論物理学
天体物理学
宇宙論
研究機関 エディンバラ大学
博士課程
指導教員
チャールズ・カールソン
主な業績 ヒッグス粒子
主な受賞歴 受賞歴の節を参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2013年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:質量の起源の理解につながる機構の発見

ピーター・ヒッグスPeter Ware Higgs, 1929年5月29日 - )は、イギリス理論物理学者エディンバラ大学名誉教授2013年ノーベル物理学賞受賞。

経歴[編集]

ニューカッスル地方エルズウィック生まれ。父はイングランド出身の音響技術者でBBCに勤務。母はスコットランド出身。幼少期は小児喘息第二次世界大戦の影響で小学校へ通えず、母を家庭教師に在宅学習を行った。その後、ブリストルのコヘン・グラマースクールへ進学し、同校の卒業生であるポール・ディラックの業績に影響を受ける。シティー・オブ・ロンドンスクールに1年間在籍した後、キングス・カレッジ・ロンドンへ進学し1950年に理学士(第1等物理学専攻)、1951年に理学修士、1954年にPh.D.を取得した(指導教授はチャールズ・カールソン教授)。

1955年から1956年までエディンバラ大学上席研究フェロー、1956年から1957年までユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン研究フェロー、1957年から1958年までインペリアル・カレッジ・ロンドン研究フェロー、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン数学科講師(1959年 - 1960年)、1960年にエディンバラ大学テイト研究所数理物理学講座講師に就任。1970年にエディンバラ大学上席講師、1974年にエディンバラ王立協会会員、1980年にエディンバラ大学理論物理学講座教授に就任。1983年に王立協会会員、1991年に英国物理学会フェローに就任。1996年にエディンバラ大学を定年退職し名誉教授の称号を得る。1998年キングス・カレッジ・ロンドンフェロー、1999年英国物理学会名誉フェロー、2013年王立スコットランド学士院フェローに就任。

業績[編集]

1964年素粒子の「質量の起源」を説明する電弱理論における対称性の破れ南部陽一郎の対称性の自発的破れが原型)の理論を提出した。この仮説を裏付けるヒッグス粒子の発見は素粒子物理学の大きな課題となっており、スイスの大型ハドロン衝突型加速器を用いて陽子同士を衝突させ、ヒッグス粒子を検出する計画が進められてきた。

そして2012年7月4日に、CERNがヒッグス粒子ではないかと見られる物質を発見したことを発表するに至っている[1]。CERNの発表の会場にはヒッグスも同席し「生きている間にヒッグス粒子が発見されたことは嬉しい」とコメントしている。

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]