ブライアン・P・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・P・シュミット
人物情報
生誕 1967年2月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国モンタナ州ミズーラ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア[1]
出身校 アリゾナ大学
ハーバード大学
学問
研究分野 天体物理学
主な業績 宇宙の加速膨張の発見
主な受賞歴 ショウ賞天文学部門(2006年)
ノーベル物理学賞(2011年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2011年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:遠方の超新星の観測を通した宇宙の加速膨張の発見

ブライアン・P・シュミット(Brian P. Schmidt, 1967年2月24日 - )はオーストラリア天体物理学者アメリカ合衆国モンタナ州生まれ。27歳でオーストラリアに移住。二重国籍。オーストラリア国立大学名誉教授で、ストロムロ山天文台等で研究を行っている。

来歴[編集]

1967年に、アメリカのモンタナ州ミズーラで生まれた。父親は魚類学者であった。シュミットが13歳の時、アラスカ州アンカレッジに引っ越した。1985年、Bartlett高校を卒業。1989年、アリゾナ大学から天文学と物理学の学士を与えられた。1993年、ロバート・キルシュナーのもと、ハーバード大学で博士号(天文学)を取得。ハーバード大学在学中に知り合ったオーストラリア人女性と後に結婚し、1994年にオーストラリアへ移住した。 1995年に[ハーバード・スミソニアン天体物理学センター]で行われた会議で、HZTプロジェクト(High-Z Supernova Search Team)の代表者に選出された。そして、1998年に発表した宇宙の加速膨張に関する研究で、アダム・リースソール・パールマッターと共に2011年ノーベル物理学賞を受賞した。

生活[編集]

シュミットの趣味は料理とワイン造りで、妻と共にオーストラリアのキャンベラの近くにワイナリーを所有している。

賞歴[編集]

参照[編集]

  1. ^ The Nobel Prize in Physics 2011 Press Release

参考文献[編集]

外部リンク[編集]