ジェフリー・マーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Geoffrey Marcy

ジェフリー・マーシーGeoffrey W. Marcy1954年9月29日 - ) は アメリカ合衆国天文学者太陽系外惑星の観測の第一人者であり、初期に発見された100個の系外惑星のうちの70個をポール・バトラーデブラ・フィッシャーとともに発見した。

経歴[編集]

ミシガン州 St. Clair Shores 生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で物理と天文学を学び1976年首席で卒業した。1982年にカリフォルニア大学サンタクルーズ校で天文物理学の博士号を取得した。1982年から1984年までカーネギー研究所で教え、1984年からサンフランシスコ州立大学で助教授・教授、カリフォルニア大学バークレー校で天文学の教授を務めた。1995年にミシェル・マイヨールディディエル・クエロッツによって報告されたペガスス座51番星の惑星が実在することを確認し、この年以降マーシー自身も相次いで太陽系外惑星を発見した。主な発見は、アンドロメダ座ウプシロン星が3個の惑星をもつこと(1996年)、HD209458bの恒星面通過の確認、5天文単位を超える軌道をもつかに座55番星d、海王星サイズの系外惑星、グリーゼ436bとかに座55番星eなどがある。

バトラーとともに2001年にヘンリー・ドレーパー・メダル、2002年にベアトリス・ティンズリー賞を受賞し、2005年にマイヨールとショー・プライズ[1]を受賞した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Shaw Prize:Press Release”. The Shaw Prize (2005年6月3日). 2009年11月1日閲覧。