ピーター・ゴールドレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピーター・ゴールドレイク(Peter Goldreich、1939年7月14日 - )は、アメリカ合衆国天体物理学者で、惑星日震学中性子星等を研究した[1]。現在はカリフォルニア工科大学の天体物理学、惑星物理学の教授であり、2005年までプリンストン高等研究所の教授を務めた[2][3]小惑星番号3805番の小惑星ゴールドレイクは彼の名前に由来している[4]

キャリア[編集]

ニューヨーク市生まれ。1960年にコーネル大学から工学物理学の学士号を得た。また1963年にトーマス・ゴールドの指導の下、コーネル大学で博士号を取得した[5][6][7][8]。1963年から1964年まで、ケンブリッジ大学フェローとしてポスドク研究を行い[9]、1966年に准教授としてカリフォルニア工科大学に移籍した[6][10]。1969年には教授に昇進した。

科学的業績[編集]

ゴールドレイクはアラー・トゥームリとともに、1969年の論文で極移動について初めて記述したが、古地磁気学的な証拠は後まで得られていなかった[11]。また、ジョージ・エイベルとともに、惑星状星雲赤色巨星から進化するという今日広く受け入れられている説を結論付けた[12][13]。1979年にはスコット・トレメインとともに土星のF環は羊飼い衛星によって維持されていることを予測し、これは1980年に観測された[14][15][16][17]。彼らは天王星の環も同様の羊飼い衛星によって維持されていることを予測し、1986年に証明された[18]。ゴールドレイクとテレメインは1980年に惑星軌道の移動を予測し、後のホット・ジュピター説の元となった[19][20][21]

受賞など[編集]

出典[編集]

  1. ^ Caltech Astronomy : Peter Goldreich's Research Interests”. 2009年11月5日閲覧。
  2. ^ L’Academie des Sciences remet la Grande Medaille 2006 a l'astrophysicien americain Peter Goldreich”. 2009年11月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e PETER GOLDREICH APPOINTED FACULTY MEMBER IN THE SCHOOL OF NATURAL SCIENCES”. 2009年11月5日閲覧。
  4. ^ Citation for (3805)”. Minor Planet Center. 2009年11月5日閲覧。
  5. ^ Institute for Advanced Study: Faculty and Emeriti: Goldreich”. 2009年11月5日閲覧。
  6. ^ a b Peter Goldreich”. 2009年11月5日閲覧。
  7. ^ Random Samples”. 2009年11月5日閲覧。
  8. ^ a b PMA Division News Honors & Awards”. 2009年11月5日閲覧。
  9. ^ Prof. Peter Goldreich: Lee A. DuBridge Professor of Astrophysics & Planetary Physics, Caltech”. 2009年11月5日閲覧。
  10. ^ a b Archives for Honors and Awards”. 2009年11月5日閲覧。
  11. ^ Did the Dinosaurs Live on a Topsy-Turvy Earth?”. 2009年11月5日閲覧。
  12. ^ University of California: In Memoriam, 1985”. 2009年11月5日閲覧。
  13. ^ The Stars by Night and Day”. 2009年11月5日閲覧。
  14. ^ Historical Background of Saturn's Rings”. 2009年11月5日閲覧。
  15. ^ Chaos Seen in Movement of Ring-Herding Moons of Saturn”. 2009年11月5日閲覧。
  16. ^ New Clues Emerge in Mystery of Planetary Rings”. 2009年11月5日閲覧。
  17. ^ Voyager was on target again; in the latest unmanned triumph, Voyager 2 surveyed Uranus and sent back a real bull's-eye”. 2009年11月5日閲覧。
  18. ^ Cosmologist Scott Tremaine receives two honors”. 2009年11月5日閲覧。
  19. ^ The three first giant exoplanets”. 2009年11月5日閲覧。
  20. ^ PLUTO, KBOs AND A NEW THEORY OF PLANETARY FORMATION”. 2009年11月5日閲覧。
  21. ^ Worlds Around Other Stars Shake Planet Birth Theory”. 2009年11月5日閲覧。
  22. ^ a b c Origins Institute - Public Lectures - Peter Goldreich”. 2009年11月5日閲覧。
  23. ^ Professor of astrophysics to give lecture series on planets”. 2009年11月5日閲覧。
  24. ^ The President's National Medal of Science: Recipient Details”. 2009年11月5日閲覧。
  25. ^ JEWISH RECIPIENTS OF THE US NATIONAL MEDAL OF SCIENCE”. 2009年11月5日閲覧。
  26. ^ French Academy of Science awards Grand Medal to astrophysicist Peter Goldreich”. 2009年11月5日閲覧。
  27. ^ Archives for Honors and Awards”. 2009年11月5日閲覧。
  28. ^ Institute for Advanced Study: The Institute Letter:”. 2009年11月5日閲覧。
  29. ^ The Shaw Prize - Peter Goldreich - Announcement and Citation”. 2007年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]