リチャード・S・ハミルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Richard Hamilton

リチャード・ストライト・ハミルトン(Richard Streit Hamilton, 1943年 - )は、アメリカ数学者

1966年にプリンストン大学Ph.D.を取得。指導教官はロバート・ガニング英語版だった。カリフォルニア大学バークレー校カリフォルニア大学サンディエゴ校コーネル大学を経て、現在コロンビア大学数学科教授。ハミルトンは、グリゴリー・ペレルマン(2006年にフィールズ賞を歴史上初めて辞退して話題となった)がアンリ・ポアンカレウィリアム・サーストン幾何化予想を証明する過程で使ったリッチフローの発明で知られる(ハミルトン・ペレルマンのリッチ・フロー理論)。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 1982, "Three-manifolds with positive Ricci curvature," Journal of Differential Geometry, vol. 17, pp. 255-306. The paper that introduced Ricci flow.
  • Collected Papers on Ricci Flow ISBN 1-57146-110-8.

その他[編集]

  • TBSテレビドラマエジソンの母』の第5話において大杉漣演じる加賀美博教授がトラックに数式を書くシーンがあったが、トラックが走り去るときに「リチャード・ハミルトン」と叫んでいた。

外部リンク[編集]