ジョージ・ルスティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・ルスティックGeorge Lusztig1946年 - )は、ルーマニア生まれのアメリカ人数学者。苗字は日本語でラスティグと表記されることもある。

人物[編集]

専門は表現論(Chevalley群Lie代数量子群p進体の代数群)。

1971年にプリンストン大学で学位を取得。

現在はマサチューセッツ工科大学ノーバート・ウィーナー教授

業績[編集]

  • Deligneとの共同研究でlコホモロジーを用いて幾何学的な既約表現の構成、既約表現の分類。
  • Affine-Hecke環の誘導表現の構成。
  • Kazhdan-Lusztig 多項式
  • 有限簡約群の既約指標の完全な分類。
  • Lusztig指標層の理論の構築。
  • Lusztig Programの提唱。
  • 量子群の標準基底の構成。柏原とは独立に量子群の結晶基底の構成。

受賞[編集]