マキシム・コンツェビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マキシム・コンツェビッチ

マキシム・コンツェビッチМаксим Концевич,Maxim Kontsevich, 1964年8月25日 - )は、ロシア出身の数学者。専門は数理物理学代数幾何学トポロジーモスクワ大学数学を学び、ドイツボン大学ザギエの指導の下、1992年に博士号を取得。 1998年のICM(Berlin, German)でフィールズ賞を受賞した。 現在はフランスIHES教授ラトガース大学教授。

業績に、 ウィッテン予想の証明。つまり量子重力の二つのモデルが等価であることの証明や位相場の理論における貢献。 結び目理論におけるコンツェビッチ不変量(完全な量子不変量として期待されている。)の構成、一般のポアソン多様体変形量子化、 行列型エアリー関数の構成、量子コホモロジー環の定式化、モチーフ的ガロア群における貢献、オペラドの再発見、 シンプレクティック幾何学の非可換化、モチーフ積分モチーフ測度の創始、安定曲線や安定写像のモジュライスタックの超弦理論への応用、 ホモロジカルミラー対称性予想の提起、カラビ-ヤウ多様体に対する平坦構造(フロベニウス構造)の構成、リジッド解析幾何学のミラー対称性への応用。ヤコビヤン予想をディクシマー予想に帰着させた。 Cubic K3曲面におけるホモロジー的ミラー対称性予想を解決がある。

関数体上のラングランズ予想の高次元化やヴェイユ予想の高次元化を提唱した。

ドリーニュ61歳記念カンファレンスでは非可換モチーフについて講演した。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

関連項目[編集]