アダム・リース (天体物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・ガイ・リース
人物情報
生誕 1969年12月16日(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 マサチューセッツ工科大学
ハーバード大学
カリフォルニア大学バークレー校
学問
研究分野 天体物理学
研究機関 ジョンズ・ホプキンス大学
宇宙望遠鏡科学研究所
主な業績 宇宙の加速膨張の発見
主な受賞歴 ショウ賞天文学部門(2006年)
アルベルト・アインシュタイン・メダル(2011年)
ノーベル物理学賞(2011年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2011年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:遠方の超新星の観測を通した宇宙の加速膨張の発見

アダム・ガイ・リース(Adam Guy Riess, 1969年12月16日 - )はアメリカ合衆国天体物理学者ワシントンD.C.生まれ。宇宙の加速膨張の観測に関する研究で、2011年ノーベル物理学賞受賞。

来歴[編集]

アメリカのワシントンD.C.でドイツから移民したユダヤ系家庭に生まれ、ニュージャージー州のウォーレンで育った。ニュージャージー州の高校を1988年に卒業。マサチューセッツ工科大学を1992年に卒業。在学中はファイ・デルタ・シータ友愛会のメンバーだった。 1996年に、ロバート・キルシュナーの指導のもとハーバード大学から博士号を受ける。博士論文(超新星に関する研究)により、1999年に太平洋天文学会からRobert J. Trumpler Awardを受賞。 カリフォルニア大学バークレー校のミラー研究所フェローを経て、1999年に宇宙望遠鏡科学研究所研究員となり、2005年からはジョンズ・ホプキンス大学教授となる。また、2006年にショウ賞天文学部門を受賞。その後、同賞の選考委員となっている。 1998年に発表した、宇宙の加速膨張の観測に関する研究で、ソール・パールマッターブライアン・シュミットと共に、2011年ノーベル物理学賞受賞。

賞歴[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]