ジョンズ・ホプキンス大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョンズ・ホプキンス大学
JHU-V.jpg
大学設置/創立 1876年
学校種別 私立
本部所在地 メリーランド州ボルチモア
学部 人文学部
教育学部
工学部
看護学部
薬学部
研究科 人文大学院
公衆衛生大学院
高等国際問題研究大学院
経営大学院
ウェブサイト ジョンズ・ホプキンス大学公式サイト
テンプレートを表示

ジョンズ・ホプキンス大学英語: Johns Hopkins University)は、メリーランド州ボルチモアに本部を置くアメリカ合衆国私立大学である。1876年に設置された。

概要[編集]

US News & World Reportによる2014年度Best Collegeランキングで国内12位、QS World University Rankingsによる2009年度世界大学ランキングで13位にランキングされている最難関校のひとつで、医学・国際関係学の研究で有名である。特に医学ではハーバード大学ペンシルベニア大学などとともにアメリカ東部を代表する医学校のひとつとなっており[1]医療経営のノウハウをアメリカ国外の医療機関に提供する組織、ジョンズ・ホプキンス・メディスンも有している。工学分野では、医学に関連しバイオメディカルエンジニアリング(Biomedical Engineering(BME)、生命医療工学、医用生体工学、バイオ医工学)が世界的に有名で、学部・大学院共に全米1位(US News)にランキングされ、同分野の最難関、最高峰である。脳神経科学(Neuroscience)などの生科学(Life Science)分野もQS World University Rankings2009年度において6位にランキングされ世界的な地位を築いている。また、国際関係学及び国際経済学では、ワシントンD.C.に設置された高等国際問題研究大学院(Paul H. Nitze School of Advanced International Studies(SAIS))が、実務家向けの修士プログラムとして常に全米1、2位にランキングされ、米国内で特に高い評価を得ている[2]。近年ではMBA(経営大学院)も設置された。

ボルティモアの実業家ジョンズ・ホプキンスの遺産を基に、1876年に世界初の研究大学院大学として設立された。それまでのアメリカの大学教育は教養中心の学部教育であったが、新たに研究を中心とした専門教育を行うことを目的とし、大学院教育のシステムを確立した。大学院教育と奨学金を組み合わせることによってPh.D.博士)の学位の授与制度の改革を行ない、この制度を他の多くの大学が取り入れることによってアメリカ全土に広まったとされる[3]

全米で初めて実験室での科学実験を行った[要出典]のも、また、公衆衛生大学院 (School of Public Health) を初めて設置したのもこの大学である。附属のピーボディ音楽学院(Peabody Institute)も北米で最初の音楽学校であり、この大学には「アメリカで最初」と言われるものが多い。

スポーツではラクロスが有名で大学チームのブルージェイズ(Blue Jays)は何度も全米優勝をしている。キャンパス内に米国ラクロス協会の事務局、ラクロス博物館、ラクロスの殿堂(Lacrosse Hall of Fame)がある。また、大学のマスコットはアオカケス(Blue Jay)であり、学生からは"Jays"と呼ばれている。

最近ではマイケル・ブルームバーグビル・ゲイツの多額な寄付がアメリカで話題となった。

ホームウッドキャンパス

歴史[編集]

  • 1876年にボルティモアの実業家ジョンズ・ホプキンス(Johns Hopkins,1795-1873)の遺産350万ドルを基に設立された。初代の学長は、ダニエル・ギルマン(Daniel Coit Gilman,1831-1908)である。
  • 1878年Ph.D.授与開始。
  • 1879年学士号(Bachelor of Arts)授与開始。
  • 1883年試験委員会(Board of University Examiners)設置。
  • 1893年医学博士号(Medical School 0pens)授与開始。
  • 1909年修士号(Master of Arts)授与開始。
  • 1921年工学修士号(Master of Engineering)授与開始。
  • 1922年工学博士号(Doctor of Engineering)授与開始。
  • 1931年教育学修士号(Master of Education)授与開始。
  • 1930年教育学博士号(Doctor of Education)授与開始。

学生[編集]

アメリカの政治の中心であるワシントンD.C.に近い。そのため仕事を持ちながら通学しているパートタイム学生が多く、ネットワーク作りの機会は豊富である。国際機関でインターンシップを行う学生も多く、卒業生は国連・政府機関等において広く活躍している。中国系・韓国系を中心とするアジア系学生は、在校生の22%を占めている。(College Board, fall 2005) 理系、工学系を含む多くの学生は、将来医学への道を目指しており、アメリカのdoctor factoryの異名を持ち、大学が推薦するメディカルスクール(医学大学院)進学希望者の合格率は、毎年90%以上の実績である。 ノーベル賞受賞者も多く(計16人:医学・生理学賞11人、経済学賞2人、平和賞2人、化学賞1人)、付属病院は全米ランキング1位を19年維持している(2009年現在)。

過去に留学生として新渡戸稲造を始め、日本人も多く入学している。 日本人学生は、2009年現在62名。(同大学Global Data。学部、大学院を含む)

脚注[編集]

  1. ^ 近年のUS Newsによる医学研究ランキングではハーバード大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学が常にトップ3に位置している
  2. ^ Foreign Policy誌が掲載した約1700名の学者の調査回答に基づいた全米ランキングでは、ハーバード大学、タフツ大学コロンビア大学を常に上回っており、1位(2004年)、2位(2006年、2008年)にランクされている。
  3. ^ 羽田、2000年、191頁

参考文献[編集]

  • 羽田積男『創設期ジョンズ・ホプキンズ大学における学位Ph.D.の創造』(「研究紀要」日本大学分理学部人文科学研究所、2000)

関連人物[編集]

外部リンク[編集]