デイヴィッド・ライマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・ライマーDavid Reimer1965年8月22日 - 2004年5月5日)は、生まれた時は男だったが、割礼手術の失敗により陰茎の大部分を失う。その後、心理学者および性科学者のジョン・マネーの独断で性転換手術が執行され少女「ブレンダ」として育てられたカナダ人である。

学会では彼の性転換手術のその後の適応は大成功と報告され、性差が文化的なものによって構成されるとの理論の証明例として大きく取り上げられ、女性学では特に大きく扱われた。しかし実際は女性として育てる試みは失敗しており、14歳で彼は男性に戻っていたのだがこの事実が学会に知られるのは1980年代の頃である。彼は、自分自身と似た症例に対する治療法(陰茎をなんらかの理由で損傷した幼児に性転換手術を施して女性として育てる)を止めさせるために、自分の生い立ちを公表したと述べている。

現在では医学会では性転換手術を本人の同意を得ずに医師が勝手に行ってはならないという鉄則を示すための悲劇的な例として引用される。またこれまでは女性学のジェンダー論の根拠として扱われていたケースが実は悲劇的な結果を生んでいた事実が明らかになったことにより、男女の心理的、行動学的な差があくまでも文化的なものであるとの主張は急速にその支持を失っていく。

生涯[編集]

誕生[編集]

デイヴィッド・ライマーは、1965年8月22日カナダマニトバ州ウィニペグで、父親ロン・ライマーと母親ジャネット・ライマーの一卵性双生児の兄として生まれた。彼(デイヴィッド・ライ)はブルース、そして弟はブライアンと名づけられた。生まれて6ヶ月経った時、ブルースとブライアンは小便する時に痛みを訴えるようになり、病院で彼らは包茎と診断された。彼らは、8ヶ月の時に、割礼のためにセント・ボニフェイス病院に紹介された(代替医療法が試みられたかどうかは知られていない)。1966年4月27日外科医ジャン=マリー・ヒュートと麻酔専門医マックス・チャムが担当する手術は普通のメスではなく、電気焼灼器によって行われた(電気焼灼器は手足と生殖器に対して用いられる手術器具ではなかった)。電気焼灼器を使用した医療ミスにより、ブルースの陰茎の大部分は焼かれてしまった。この事故より、この後に行われる予定だったブライアンの割礼は中止された。そして、ブライアンはそれ以上の治療なしで、包茎症状は回復してしまった。つまり、ブルースの割礼手術は不必要な手術だった。

ブレンダとしての人生[編集]

ブルース(デイヴィッド・ライマー)の両親は、陰茎を失ったブルースのこれからの人生や性機能についての相談のために、ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学病院のジョン・マネーのところへ行った。マネーは半陰陽者の研究に基づいた性進歩とジェンダーアイデンティティの分野の開拓者とみなされている性科学者であり、その分野での権威だった。両親が悩んでいた当時、ブルースの医者達が時々口にしていたブルースを救うかもしれない人物、ジョン・マネーはカナダのテレビにも登場し、性転換手術を施された男性であった女性や彼の説を語っていたりしていた。

ジョン・マネーたちは、ブルースの両親に「ブルースを女性として育てることがブルースの将来のためになる」と説得した。そして、ブルースは1歳10ヶ月の時に陰茎や睾丸を去勢された。ブルースは女性としての名前ブレンダを与えられた。その後数年間、ジョン・マネーたちによってブレンダは「自己を女性と認識する」ようにさせる心理的な治療を受け続けられた。マネーはブレンダの親に対しても、家庭内のブレンダとブルースに対する教育方針などを指導していた。

ジョン・マネーにとってはブレンダは格好の実験材料(モルモット)だった。なぜなら、その当時、マネーは「性別を自己認識する要因は後天性(環境)」という説の強力な支持者だった。ブレンダとブライアンはDNAも全く同じ双子で、同じ時期に母親の胎内で同じ成分のホルモンを与えられた。そして、性別の自己認識が出来てない時期(マネーの説によれば、3歳まで)に一方は男(ブライアン)、一方は女(ブレンダ)として育て上げることができる。これはマネーの人体実験にとって最高の比較材料ともいえる。もしも、ブレンダが自分のことを女性として人生を送るようになれば、「性別を自己認識する要因は先天性(遺伝子)ではなく、後天性である」というマネーの説が正しいと証明されるからである。

また、ジョン・マネーは診療を受けに来る子供・親達に対して、子供に性的自己認識を起こさせるために早期の擬似性体験を奨励していた。性に関する言葉や裸体の男女の写真などを子供達に示し自らも実践を行なっていた。

しかし、ジョン・マネーの診察にもかかわらず、ブレンダは自分のことを「女の子」だとは一度も思わなかった。彼女は男の子が遊ぶような遊びをし、人形ではなく車や飛行機などの玩具に興味を持っていた。小学校に入ると、仲間により「変な女の子」としていじめられていた。フリルがついているドレスや女性ホルモン治療なども、自分自身を女性だとは感じさせなかった。そして、スカートや髪を長く伸ばしたり、女の子のように歩くのも大嫌いだった。しかし、マネーはこのブルースの母親から受けていた事実の報告を公表せず「ブレンダは女の子として順調に育っている」と発表するのみだった。

家族の生活は苦難に満ちていた。母親はマネーの指導に従い努力していたがことは好転しない。家族は一度は町を出る決心をして引っ越した。しかし、転居しても精神的に追い詰められていくばかりで、夫婦は妻の自殺未遂・離婚する寸前までいった。そして一家はまたウィニペグへ帰るのだった。

ジョン・マネーは成長期にあったブレンダとその家族に、膣を造成する手術を受け女性としての外観を完成させるように迫っていた。しかし、ジョンズ・ホプキンス大学病院を訪れること、ジョン・マネーに会うことをブレンダ自身が自殺をほのめかすほど猛烈に抵抗し、家族はジョンズ・ホプキンス大学への通院をやめた。そして、地元でカウンセリングを受けていた。

1978年BBCがジョン・マネーが世界に発表している双子に関してのドキュメンタリーの製作をはじめる。 1980年3月19日、英国でThe First Question(Is it a boy or girl?)が放送される。顔・身分等を伏せてライマー夫婦も出演。性科学者ミルトン・ダイアモンドがコメンテーターとして選ばれるが、内容はダイアモンドとマネーの立場・バランス・問題の複雑さを配慮したものとなり、ブレンダ以外のケース、成功とされる例も一件紹介された(後にジョン・コラピントにインタビューを受け、彼の著書の中に登場する)。放送後の世間の反応は、米国も含め予想外に静かなものであった。

デイヴィッドとしての人生[編集]

ブレンダは14歳の時、父親から出生は男であったことや手術の失敗により陰茎を失った事等、真実を聞かされた。その話を聞いたあと、ブレンダはすぐに男性に戻る事を決心した。男性に戻った後、新しい名前として、デイヴィッドと名乗るようになった(この名前はダビデに由来している)。

1990年9月、デイヴィッドはジェーン・アン・フォンテーヌと結婚した。そして、彼はジェーンの子供の継父となった。

1993年、以前からマネーの研究結果に疑問を抱いたダイアモンドは、デイヴィッドに会った。デイヴィッドは、ダイアモンドが信頼できる人だと理解したので、自分の人生を彼に話した。彼に話すようになった理由は、「医者が、陰茎に損傷のある幼児にデイヴィッドと似た処置(女性化する)をするのを止めさせる」と言う気持ちからだった。同時に、自分がその世界では「成功例」として有名であることも知らされた。1994年の冬、ダイアモンドとキース・シグムンドソンはデイヴィッドの体験話を基にして論文を執筆した。しかし、その論文は論争を引き起こすという理由でなかなか受理されなかった。1997年3月、論文は米国医師会発行の医学雑誌Archives of Pediatric and Adolescent Medicineに載った。ダイアモンドとシグムンドソンは多くの取材を申し込まれデイヴィッドの名を報道関係者に明かしていた。デイヴィッドはその中から雑誌ローリングストーンを選び、コラピントは1997年の6月に研究者達にデイヴィッドを紹介された。インタビュー記事を1997年12月に雑誌ローリングストーンで発表した(The true story of John/Joan)。2000年にコラピントは、それをもとに単行本「As Nature Made Him(日本語訳書:ブレンダと呼ばれた少年)」でさらに詳細な人生(初めてデイヴィッド・ライマーの本名が明らかになった)を公表した。

自殺による死[編集]

コラピントは、本の収益をデイヴィッドと二人で分け合う形にしており、そのことはデヴィッドにとって経済的に豊かな安定をもたらす結果には繋がったが、全ての問題から開放されたわけでなかった。

両親との関係においてデヴィッドがその生涯を通じて悩み苦しみ続けていたが、このあまりに大きな困難に加え、2002年には双子の弟が抗うつ薬の大量摂取により死亡するという出来事と向き合わなくてはならず、更には、彼自身の失業と妻との結婚生活の破綻という問題も生じた。 2004年5月2日、妻ジェーンがデヴィッドに対して一時的に距離を置きたいという彼女の希望を伝えたところ、彼はそのまま家を飛び出し戻らなかった。2日後、ジェーンは警察からデヴィッドの所在を掴んだという電話連絡を受けたが、この時、デヴィッド自身は、自分の所在を妻に知らせることを望んでいなかった。最初の連絡から2時間後、再び警察からジェーンにかけられた電話はデヴィッドが自殺したことを告げるものとなった。自殺の直前、デヴィッドはショットガンを取りに自宅に戻っていた、その時ちょうどジェーンは家にいなかった。そして5月5日の朝、彼は食品雑貨店の近くの駐車場に彼の車を止め、その場で自分の頭を撃ち自殺した。[1]

上記で指摘されているデイヴィッド自殺の背景の情報源はわからないが、デイヴィッドは子供のころの悪夢といつも向かい合っていた。「人生最初の14年間は借り物であった」と。外部リンクにあるコラピントの記事では自殺背景について、家族の状況や金銭問題とコラピントのコメントを載せている。

デイヴィッド・ライマーの症例の社会的な影響[編集]

デイヴィッド・ライマーの症例とそれについてのジョン・マネーの報告は、医学に影響を与えた。

ジョン・マネーによる報告は、人間の「性別を自己認識(ジェンダーアイデンティティ)する要因は先天性(遺伝子)か後天性(環境)どちらか」という論争における、先天的要因の支持論が主流になった。これにより男らしさや女らしさなどの「男性性・女性性」は後天的なものではなく、先天的であり、産まれ持ったものであるという結論に至った。

そして上述のとおり、1990年代になってミルトン・ダイアモンドが発表した論文によってブレンダのその後が明らかにされ、ジョン・マネーの研究結果はフェミニストからも「論拠に使わない」とされるようになった。

参考図書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]