割礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリストの割礼(グイド・レーニ画、1640年頃、部分)

割礼(かつれい)とは、男子の性器の包皮の一部を切除する風習。本項では主に文化・宗教との関わりについて述べる。

語意[編集]

日本語では、聖書に記述されるcircumcisio(ラテン語)、circumcision(英語)の訳語として「割礼」が採用された。

circumcision英語)は男性陰茎包皮を切除することである。宗教的ニュアンスはあるものの、宗教上の行為かどうかは問わず、医療行為(包茎手術)も含まれる。ただし、genital cutting(直訳 性器切断)も「割礼」と訳されることがあり、これには(男性の)circumcision (male genital cutting) と女性器切除 (female genital cutting) が含まれる。

女性器切除をfemale circumcision(女子割礼)ということがあるが、circumcisionとは宗教的背景が異なるなどの理由でこの表現に反対する者が少なからずいる。女性器切除はイスラム圏などで見られるが、現代では悪習と批判される事が多い(詳細は女性器切除の項を参照)。

概要[編集]

Acroposthion of the foreskin.jpg Anatomically Complete Circumcision 1.JPG
環状切開法による包茎手術。

旧約聖書』に記述があることからユダヤ教イスラム教では信仰の一環として行われている。キリスト教圏でも衛生上の理由などで行われている場合がある。また、アフリカオセアニアの諸民族などでは風習として割礼が行われている。

ユダヤ教では、割礼はブリット (ברית/Brit) と呼ばれ、ヘブライ語で「契約」を意味する語である。ユダヤ教徒の家庭に生まれた乳児および改宗者(=ユダヤ人[1])は、割礼を行わなくてはならない。これはブリット・ミラーと呼ばれ、モーヘールと呼ばれる専門家が行う。現代では割礼に反対するユダヤ人もおり、その場合はブリット・シャーローム(命名式に相当)をもって、割礼の代わりとする。ただしブリット・シャーロームは律法(旧約聖書)に反するとして否定する者も多く、一般的な儀式として広まってはいない。

イスラム教(イスラーム)においては、コーランには言及がないものの、ハディースにこれに関する記載があり、慣行(スンナ)として定着[2]している。生後間もなくか、少年のうちに割礼が行われる。時期は生後7日目に行う場合から、10-12歳頃までの場合など幅がある。割礼後、祝宴が開かれ、盛装した男児が親族や近隣住民から祝福される。割礼を行っていない者が成人になってから改宗した場合は、解釈が一定ではないため必ずしも強制ではないが、なるべく割礼を行ったほうがよいとされる。

一方、キリスト教では、割礼を行う風習が無い地域にもキリスト教の布教を行い、割礼を行わない者がキリスト教へ改宗するための要件として割礼を要件としないという見解がパウロらによってまとめられたため、早い段階で割礼を行う習慣が廃れた。このことは『新約聖書使徒行伝等で触れられており、キリスト教が世界宗教として広まる一因となった。現在では全く自由であるが、正教会系の一部の教派・地域では割礼を行うことが奨励されている。近代以降、アメリカ合衆国などでは衛生的理由から、割礼が広まった(後述)。

この他、オーストラリアアボリジニーの間では尿道の下部を切開する「尿道割礼」が、ミクロネシア連邦ポナペ島の住人や南アフリカ共和国からナミビアにかけて居住するホッテントット族の間では片方の睾丸を摘出する「半去勢」が行われていたが、いずれも成年男子への通過儀礼としての儀式として行われており、これらも広義の割礼の一種と見ることが出来る。

このように「包皮の切除」は、宗教習俗の違いこそあれ、熱帯や乾燥帯に住む世界各地の人々に見られる傾向があり(あるいは起源を持ち)、元々は衛生環境が悪化しがちの気候に住む人々の経験に基づく衛生予防上の習慣だったものが、宗教習俗上の意味合いを持つことで、宗教習俗の広がりと共に、より普及したと見られる。

なお、割礼を施した場合、男性器には切除した痕(割礼痕)が残るため、信仰を見分けるポイントにもなりうる。

歴史[編集]

ヘロドトスの記述[編集]

ヘロドトス(前484年-前425年)は『歴史』の中で、エジプト人エチオピア人が昔から割礼を行っている、と書いている。(ギリシア人、ローマ人の間では割礼の習慣はなかった。)

ユダヤ教[編集]

創世記』17:9-14には、アブラハムと神の永遠の契約として、男子が生まれてから8日目に割礼を行うべきことが説かれている。(ヘブライ語のBritは契約を意味するが、割礼の意味でもある)。ユダヤ教では、この伝統を引き継ぐ。

また創世記34章には、ヒビ人ハモルの息子シケムに妹ディナを陵辱されたヤコブの子らが、ディナに求婚してきたシケムに対して計略をしかけ、割礼を受けた者でなければ娘を嫁にやれないと答え、それに応じてシケムの町の人々が揃って割礼を受けた3日後に痛みに苦しんでいるところをヤコブの子シメオンレビが襲って町中の男性を皆殺しにした記事がある。このことから、当時の割礼には日常生活に支障が出るほどの強い痛みが数日の間伴っていたことがうかがわれる。

イエスの割礼の日[編集]

イエス・キリスト自身も割礼を受けていたことは疑いがない。キリスト教のカトリック教会では、12月25日をイエスの誕生日としているので、8日後に割礼を行うユダヤ人の習慣から、1月1日キリストの割礼の日、としている。キリスト教の正教会では、1月14日を主の割礼祭として祝う。

キリスト教布教と割礼[編集]

イエス・キリストの死後、キリストの直弟子であるパウロらの伝道旅行において、割礼の風習が無い地域にもキリスト教が伝わったが、割礼の風習がない「異邦人」(=ローマ人、ギリシア人など)が改宗した場合に割礼を行うかどうかが大きな問題になった。異邦人への文化適合を重視するアンティオキア教会と、律法(=旧約聖書)の厳格な遵守を重視するエルサレム教会が論争を行った。紀元48-9年頃のエルサレム会議でも、割礼について議論され、最終的に「しめ殺した動物、血、偶像礼拝、不品行」を忌避すれば、割礼を含む他の律法の遵守は免除されることで合意が成立した。

キリスト教の信仰と割礼の有無が、まったく関係ないことは、『新約聖書ガラテヤの信徒への手紙などで明確に述べられている。入信に割礼を求めないことは、割礼の風習が無い地域へキリスト教の信仰が広まり、世界宗教となる大きな要因となった。

なお、その後、紀元90年頃のヤムニア会議で、ユダヤ教とキリスト教は完全に分断した。

欧米での現状[編集]

アメリカ
乳児への割礼の反対運動(アメリカ合衆国)

キリスト教徒が約8割を占めるアメリカ合衆国では、宗教との関連ではなく、衛生上の理由および子供の自慰行為を防ぐ目的などの名目で、19世紀末から包茎手術が行われるようになり、特に第二次世界大戦後、病気性病陰茎がんなど)の予防に効果があるとされ、普及するようになった。これには、医療従事者に割礼を行う宗教(主にユダヤ教)の信徒が多く、包皮切除に対する違和感が低かったため、という指摘もある。

1990年代までは生まれた男児の多くが出生直後に包皮切除手術を受けていた。アメリカの病院で出産した日本人の男児が包皮切除をすすめられることも多かった。しかし衛生上の必要性は薄いことが示されるようになり、手術自体も新生児にとってハイリスク[3]かつ非人道的との意見が強まって、1998年に小児科学会から包皮切除を推奨しないガイドラインが提出された。これを受け、包皮切除を受ける男児は全米で減少してきているが、21世紀に入ってからもなお6割程度が包皮切除手術を受けている。

また、「身体の統一性」および「自己の決定権」という意識から、生まれたときに勝手に行われた包皮切除を嫌い、包皮の復元手術を行い「ナチュラル・ペニス」にしようとする人も少なくない。アメリカの社会学者マスキュリストであるワレン・ファレルは男児への割礼強制を男性差別であると非難している。

ドイツ

2010年、イスラム教徒の子どもに割礼を行った際に出血多量となり、施術した医師が傷害罪で起訴される事件が起こった。2012年6月に出されたケルン裁判所の判決で、医師は無罪となったものの「傷害罪」とみなされるという判断が示された。この判決に対し、ユダヤ教徒イスラム教徒約300人がベルリンで異例の合同デモを行い[4]、宗教の自由をめぐる激しい論争が繰り広げられた。同年12月、連邦議会で宗教的な割礼手術を法律的に保護する法案が可決された[5]

割礼を行う国[編集]

割礼を行う習慣が一般化している国を挙げる。

東南アジア・東アジア[編集]

中央アジア・西アジア[編集]

小児への割礼(中央アジア、1870年前後)

これらの国の大半は、国民中におけるイスラム教ユダヤ教(いわゆる「アブラハムの宗教」)教徒の比率が極めて高い。

アフリカ[編集]

北アフリカのモロッコ、東アフリカなどはイスラム圏。成人儀礼として行われている国もあると考えられる。

アメリカ大陸[編集]

現状については前出。アメリカ大陸先住民の中には、ヨーロッパ人到達以前から成人儀礼として包皮切除を行っていた部族があった。

ヨーロッパ[編集]

オセアニア[編集]

多くの地域で、成人儀礼として行われている。オーストラリアの先住民アボリジニーは、通常の割礼に加えて、陰茎の下部を尿道まで切り開く尿道割礼を行うことで知られていた。

割礼と病気[編集]

性感染症[編集]

性病は、包皮切除をしていれば症状が発生しにくい。この原因としては「包皮が取り除かれ、亀頭粘膜が角質化するため」、「性交後に膣分泌液が包皮の裏に残らなくなるため」、「性器が乾きやすくなるため、ウイルスが粘膜上で生存する可能性が低減される」、「包皮には性感染症の標的となる細胞が多数存在するのだが、包皮を切除することによってその標的細胞の数が減るため」といった理由が考えられている。

だがいずれも複数の人間との無分別な性行為をしなければ感染のリスクは低い。ただし、複数の異性との無思慮な性行為を常とする男性の場合には、性行為に伴う性病感染予防の観点からは利点は存在する。また、包皮の有無に関わらず多くの性病に関しては陰茎の洗浄を行っているかが重要である。ウイルスが表面上に滞在する期間によって感染率が異なるのであれば、性行為後に念入りな洗浄を行えば包皮の有無は関係しなくなる。

また、性感染症のリスクは感染源のウイルスを持つ女性器への挿入時間によっても大きく異なることになるが、一般に包皮を持つ男性は亀頭が刺激に慣れていないため包皮が無い男性に比べて射精までの時間が短いと言われている。つまりウイルスの滞在期間や滞在箇所の湿度、環境にのみ観点を置く限りは包皮の有無と性感染症の関連性を実証出来ない。

AIDS[編集]

包皮切除(割礼)を受けている男性は、受けていない男性よりも大幅にHIV陽性率が低い、もしくはエイズ罹患率が低いという話もある。現在イスラム圏である西アフリカのエイズ罹患率が南部アフリカよりも大幅に低いのは、割礼(包皮切除)を受けている男性の割合が高いことが一因であるという研究もある。この原因はHIVの対象となるCD4陽性T細胞ランゲルハンス細胞が包皮に多くあり、それが切除されるためと言われている。

実際、ベルトラン・オーベルトの研究(成人に割礼を行わせ、「受けた群」と「受けない群」の2群を比較した)などを見る限り、割礼はエイズ感染に何らかの予防効果を持つ。ただ、オーベルト自身は安易にその事実を持ち出して割礼を受けさせる事は、複数人との安易な性行為の増加につながりかねないという警告を同時に行っている。

インドでは 1993年から2000年にかけて HIV 未感染の男性2298人についての追跡調査が行われた。約1年間の調査期間中に感染が見られたのは割礼を受けている191人中では2人であったが、受けていない 2107人では165人に感染であった。

介入試験ではフランス国立エイズ研究機関 (ANRS) により南アフリカで男性3000人に対して実施された試験では感染率は約1/3になるとされ、 イリノイ大学によりケニアで男性2784人を対象に行われた試験では60%のリスク低減が、ジョンズ・ホプキンス大学によりウガンダで男性4996人を対象に行われた試験では51%のリスク低減が判明している。これらの試験はいずれも途中で、試験の中止および被験者全員への割礼が勧告されている。

これらの研究から、衛生的・医学的に行われた男性割礼はエイズ感染を予防する有用な方法として認められ[6]UNAIDSを中心に特に東部・南部アフリカでの自発的医学的男子割礼 (VMMC : voluntary medical male circumcision) によるエイズ感染予防策が推進されている。

亀頭包皮炎[編集]

統計によれば実際には亀頭包皮炎には全体の3%ぐらいしか罹患しない。[要出典] また、一部のヒト以外のすべての哺乳類の亀頭は発情時をのぞいて皮を被っており(お釈迦様など仏の身体に備わっているとされる特徴のひとつとして、「陰蔵相(おんぞうそう)」として表現されている)、性器を洗浄しないが炎症は起こらない。そのため割礼は、危険因子を減少させる作用はあるにせよさほど関係ない。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 定義には諸説あるが、イスラエルの帰還法においては、ユダヤ人の母を持つかユダヤ教に改宗したものが「ユダヤ人」であると定義されている
  2. ^ 「スンナ」としての解釈は一定ではない
  3. ^ デイヴィッド・ライマーを参照
  4. ^ ユダヤ教とイスラム教が割礼保護で共闘、ドイツで異例の合同デモ”. ロイター. 2012年9月13日閲覧。
  5. ^ 「割礼」揺れるドイツ 宗教と法律(msn産経ニュース2013.1.14)[1]
  6. ^ WHO/UNAIDS New Data on Male Circumcision and HIV Prevention: Policy and Programme Implications”. unaids.org. 2011年1月6日閲覧。

関連項目[編集]