アンティオキア教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンティオキアが赤い点で示されている地図。歴史的シリアに属する地域であるが、現在は地図に示されているように、トルコハタイ県アンタキヤ)。
現アンタキヤ近郊にある登塔者聖シメオン修道院の遺跡

アンティオキア教会アンティオケイアきょうかい, 英語: Church of Antioch)とは、歴史的シリアアンティオキアに、キリスト教の最初期の時代に形成された教会[1][2]、およびこれより発展して現代のシリアに存続する各教会の総称(もしくは個別の名称)[3]

新約聖書(特に使徒行伝)各所に「アンティオキア」の名は見えており(初出箇所は使徒行伝 6:5)、最初期から伝道された地域であった。使徒行伝11章26節には、アンティオキアでキリスト教の信者がクリスチャンと呼ばれるようになったと記されている[2][4]使徒行伝13章には、パウロ(およびバルナバ)の初期の宣教を支援したことが書かれている[5]。伝承によってはペトロをアンティオキア初代の主教司教監督)であると伝えている[5]

現代のシリアにもキリスト教の教会は存続しているが、カルケドン公会議による分裂や東西教会の分裂の結果、現在、アンティオキアの名を冠する総主教もしくは総大司教を戴く教派(教会)が以下の通りシリアに5つ存在する[3]。ただし現在の総主教座もしくは総大司教座はいずれの教会のものも、小さな町となりトルコ領となっているアンティオキア(アンタキヤ)にではなく、シリアのダマスカスに置かれている[5](マロン派のものはレバノンに置かれている[6])。

脚注[編集]

関連項目[編集]