非カルケドン派正教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

非カルケドン派正教会[1]英語: Non-Chalcedonian Orthodox Churches[2])とは、カルケドン公会議(第四全地公会議)の決議を拒絶して成立した諸教会(アルメニア使徒教会エチオピア正教会コプト正教会シリア正教会など)の総称。

「非カルケドン派」の名称により、コンスタンディヌーポリ総主教を名誉的なトップとする「ギリシャ正教」の異称を持つ正教会と区別される[1]

他にも様々な呼び名があり、オリエンタル・オーソドックスオリエント正教英語: Oriental Orthodox[2][3])、非カルケドン派教会ロシア語: Дохалкидонские церкви[4])、古東方教会ロシア語: Древневосточные Церкви[5][6])、古オリエント教会イタリア語: Chiese orientali antiche[7], ドイツ語: Altorientalische Kirchen[8])等と呼ばれる。

‎キリスト教諸教派の成立の概略を表す樹形図。更に細かい分類方法と経緯があり、この図はあくまで概略を示すものである。

また日本では便宜的な名称として東方諸教会[9]東方正統教会[10]等と呼んでいる事例がある。なお、「東方諸教会」には、エフェソス公会議で既に分れた(つまり「非エフェソス」であって「非カルケドン」ではない)アッシリア東方教会が含まれる事がある(この場合、非カルケドン派+アッシリア東方教会=東方諸教会)[11]

概要[編集]

シェヌーダ3世コプト正教会の教皇アレクサンドリア総主教
聖マルコ修道院における聖体礼儀(シリア正教会

主に中東に非カルケドン派諸正教会がある。規模は小さいものではなく、中東など各地域において伝統的な教派の一つとなっている。またアルメニア使徒教会は世界で初めて国教とされた教会である。

以下に挙げた一覧の内、アッシリア東方教会とインド正教会以外はカルケドン公会議でギリシャ系の正教会およびカトリック教会から分かれた教会であり[注釈 1]単性論教会とされる。しかし、当該教会は自らの教義を単性説とは看做しておらず、この名称は自称として用いられる事はない上に聊か蔑称としての傾向も含まれている。中立的な呼び名としては非カルケドン派がある。

ギリシャ正教とも呼ばれる正教会と非カルケドン派正教会とは、祭服の形・奉神礼の形式などに多くの共通点があり、見た目に似通っている部分も少なく無い。両教会が東方教会と総称される所以である。カルケドン公会議での教会分裂前の伝統はギリシャ正教とも呼ばれる正教会と非カルケドン派正教会の両正教会に受け継がれて尊重されている。

ギリシャ正教とも呼ばれる正教会と、非カルケドン派正教会との関係深化の話し合いは、東西教会の関係深化の話し合いよりは比較的順調に進められている。

なお、アッシリア東方教会は、ネストリウス派に起源を持つ。主にイラクアメリカなどに分布する。東方典礼カトリック教会であるカルデア・カトリック教会とは別のもの。ネストリウス派はカルケドン公会議でも改めて主流派から異端とされたものの、カルケドン公会議以前のエフェソス公会議で既に異端とされていたため、当教会は非カルケドン派という呼称のカテゴリにはあまり含まれない。誤解されている事が多いが、アッシリア東方教会は正教会との自称を用いない。

以下にオリエンタル・オーソドックスと呼ばれる非カルケドン派諸教会の一覧と概説を挙げたが、詳細はそれぞれの教会の項目を参照。

非カルケドン派諸教会の一覧[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 東西教会の分裂の時期をかなり早い年代にとる見解でも、カルケドン公会議の時期に東西教会が分かれていたとする者はまずいないので、ここでは「正教会およびカトリック教会」とした。

参照元[編集]

[ヘルプ]