ネストリウス派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネストリウス派とは、古代キリスト教教派の1つ。コンスタンティノポリス総主教ネストリオス[1]により説かれ、431年エフェソス公会議において異端として排斥された。唐代中国においては景教と呼ばれる。のちアッシリア東方教会が継承した。

教義[編集]

キリスト位格は1つではなく、神格人格との2つの位格に分離されると考える。それは、救世主(キリスト)の神格はイエス福音書に宿り、人格は消え去った肉に宿っていたことを意味する。人性においてキリストを生んだ「マリア」が神の母(テオトコス Θεοτοκος)であることを否定する。

各教派での扱い[編集]

カトリック正教会プロテスタント等、キリスト教主流派では、ネストリウス派は異端とされる。しかしプロテスタント教会の一部の原理主義的教派では、カトリック教会の聖母崇敬への反発からか、ネストリウス派を支持する動きも見られる。日本基督教団手束正昭は、ネストリウス派は異端ではなく、カリスマ運動だったと主張している。ただし、本来のネストリウス派には聖母崇敬を否定する意図はなく[2]、原理主義的教派オリジナルの提言といえる。また、原理主義的教派はアポリナリオス主義的(キリストは肉体のみが人性で霊魂は人性でなく神性である)な説明が見られ、神学的厳密性に乏しい[3]

歴史[編集]

概要[編集]

アレクサンドリア学派出身のアレクサンドリア総主教キュリロスアンティオケア学派出身のネストリウスの間での対立から始まる。ネストリウスは、それまでの古代教父らが使用していたマリアに対する称号「神の母 Θεοτοκος(神 θεος を生む者 τοκος)」を否定し、マリアは「クリストトコス Χριστοτόκος(キリスト Χριστος を生む者 τοκος)」であると説いた。その理由は、キリストは神性と人性において2つ位格(ヒュポスタシス υποστασις)であり、マリアはあくまで人間的位格(人格)を生んだに過ぎないとした。一方、キュリロスは、キリストの本性(ピュシス φυσις)は神性と人性とに区別されるが、位格としては唯一である(位格的結合:hypostatic union, ένωσις καθ΄ υπόστασιν)と唱えて反論した。ネストリウスはエフェソス公会議への出席を拒否。

ネストリウスが公会議で破門された後、ネストリウス派は498年に「クテシフォンセレウキア」に新しい総主教を立てた。現在はイラク北部のアッシリア地域に点在する他、アメリカオーストラリアに移民を中心とする信徒がいる。

ネストリウス派の教会であるアッシリア東方教会ギリシャ正教とも呼ばれる正教会とは別系統)の一部は、1553年にローマに帰一し(Sulaqa)、カルデア典礼カトリック教会帰一教会東方典礼カトリック教会のひとつ)と呼ばれている。アッシリア東方教会とカルデアカトリック教会の両教会が、現在も中東・アフリカで活動している。

中国における景教[編集]

7~8世紀頃の中国でのネストリウス派の祭礼(聖枝祭を描いたもの)

中国へは、太宗の時代にペルシア人司祭「阿羅本」(アラボン、オロボン、アロペン等複数の説がある)らによって伝えられ、景教と呼ばれた。景教とは中国語で光の信仰という意味であり、景教教会を唐の時代、大秦寺という名称で建造された。

当初、唐の朝廷は初期には皇族を含めて支配層が濃厚な北族(鮮卑匈奴など)的要素を有したこともあり、景教や仏教など、非中華由来の宗教に寛容で、信仰を容認、保護したため、盛んであった。しかし唐代末期、王朝を伝統的中華王朝に位置づける意識が強まって以降、弾圧され消滅した(参考:会昌の廃仏)。

モンゴル帝国を後に構成することになるいくつかの北方遊牧民にも布教され、チンギス・ハーン家の一部家系や、これらと姻戚関係にありモンゴル帝国の政治的中枢を構成する一族にもこれを熱心に信仰する遊牧集団が多かった。そのため、の時代に一時中国本土でも復活することになった。ただし、モンゴル帝国の中枢を構成する諸遊牧集団は、モンゴル帝国崩壊後は西方ではイスラム教とトルコ系の言語を受容してテュルク(トルコ人)を自称するようになり、東方では、それぞれチベット仏教を信仰してモンゴル語系統の言語を維持するモンゴルを自称し続ける勢力とオイラトを称する勢力の二大勢力に分かれていき、ネストリウス派キリスト教を信仰する遊牧集団はその間に埋没、消滅していった。

日本への伝播に関する諸説[編集]

日本に多大な影響を与えた唐で隆盛していたため、景教が何らかの形で日本にまで伝播し、影響を与えていたはずだと主張する言説は複数存在する。(同じく同時代の三夷教(景教、祆教摩尼教)の1つである祆教に関しても、同じような主張がある。)

木嶋坐天照御魂神社の三柱鳥居

佐伯好郎[4]によると、渡来系氏族である秦氏によって日本にも景教が伝わったともいわれる。中国ではダビデを漢訳して大闢と書くが、秦氏は西日本の日本海各地に大避神社と号する神社を建立し、また京都の広隆寺の隣に秦始皇帝を祭神の1つとして建立した大酒神社も、昔は大辟、さらにさかのぼると大闢と号していた。また同神社が管理している木嶋坐天照御魂神社にある「三柱鳥居」という珍しい鳥居は三位一体を表し、また「いさらい井戸」はイスラエルの転訛で、したがって旧約聖書に登場する失われた10支族の末裔ではないか、などと推察している。しかしこれには多くの異論があり、偽言語比較論として否定する向きも多い。(→日ユ同祖論

明治末に来日したアジア研究家の英国人であるE・A・ゴードン夫人は、真言宗と景教の関連性を確信し、高野山に中国・西安(長安)にあった景教の記念碑「大秦景教流行中国碑」のレプリカを建立した。この記念碑は、今も高野山に現存している。(夫人の墓もその隣りにある。)

浄土真宗本願寺派本山である西本願寺には、景教の聖書の一部(マタイによる福音書の「山上の垂訓」を中心とした部分)の漢訳である『世尊布施論』が所蔵されており、この事実を以て、親鸞が景教に学んだとする説を唱える者もいる[5]

山梨県甲州市木賊の栖雲寺(せいうんじ)所蔵の「十字架捧持マニ像」(元代)は寺伝では虚空蔵菩薩像とされているが、十字架が描かれており、景教との関連が指摘されており[6][7]、アメリカのメトロポリタン美術館でも展示された[8]。しかし研究の進展により、本画像と他のマニ教絵画と図像が一致することが確認され、栖雲寺本はマニ像の可能性が高い[9]

脚注・出典[編集]

  1. ^ ネストリウスはラテン語式表記で、ネストリオスはギリシア語式
  2. ^ 中世思想原典集成(後期ギリシア教父・ビザンティン思想)、上智大学中世思想研究所‖編訳・監修、平凡社、1994.8
  3. ^ プロテスタント教理史、渡辺 信夫、キリスト新聞社、2006.6
  4. ^ 中国景教の研究により1941年に東京帝国大学より文学博士号を授与した
  5. ^ 『隠された十字架の国・日本―逆説の古代史』 ケン・ジョセフ 徳間書店など
  6. ^ 泉武夫 「景教聖像の可能性 --栖雲寺蔵伝虚空蔵画像について--」『國華』 第1330号第112編第1冊、2006年8月、所収。
  7. ^ 東京新聞 2010年9月27日 「マニ教『宇宙図』国内に 京大教授ら世界初確認」
  8. ^ [1]
  9. ^ 吉田豊 「寧波のマニ教画華 いわゆる「六道図」の解釈をめぐって」、Zsuzsanna Gulasci/田中健一・柳承珍訳 「大和文華館マニ教絵画にみられる中央アジア来源の要素について」(共に『大和文華』第119号、2009年2月、所収)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]