グルジア正教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グルジア正教会
Azize nino.jpg
グルジアの光照者:聖ニノイコン。左手に福音経、右手に葡萄十字を持った姿で描かれている。
創設者 使徒アンドレイ
亜使徒光照者聖ニノ
独立教会の宣言 アンティオキア総主教庁より486年ロシア正教会より1917年
独立教会の承認 486年1943年モスクワ総主教庁より)、1990年コンスタンディヌーポリ総主教庁より)
現在の首座主教 イリア2世
総主教庁所在地 トビリシグルジア
主な管轄 グルジアアルメニア
国外の管轄 イギリス西欧トルコアゼルバイジャン
奉神礼の言語 グルジア語
聖歌伝統 グルジア聖歌
ユリウス暦
概算信徒数 3,500,000人
公式ページ グルジア正教会公式サイト(グルジア語・英語)
グルジア正教会、聖十字架修道院の聖堂内部

グルジア正教会(正式名称:グルジア使徒伝承独立正教会グルジア語: საქართველოს მართლმადიდებელი სამოციქულო ეკლესია; Saqartvelos Samotsiqulo Avtokepaluri Martlmadidebeli Eklesia, 英語: Georgian Apostolic Autocephalous Orthodox Church)は、現在のグルジア共和国の中心部に「全グルジアのカトリコス総主教」を長とする聖シノド(英語:Holy Synod)を置く、正教会の一員たる独立教会である。

正教会は一カ国に一つの教会組織をそなえることが原則だが(グルジア正教会以外の例としてはギリシャ正教会ルーマニア正教会ロシア正教会など。もちろん例外もある)、これら各国ごとの正教会が異なる教義を信奉している訳では無く、同じ信仰を有している[1]

沿革[編集]

4世紀国教化した歴史の長い教会で、伝承による起源は初めてコーカサス地方(古代のコルキス Colkis、イベリア Iberia)へ宣教した1世紀のアンデレ(聖使徒アンドレイ)まで遡る。 他の聖伝では、熱心党のシモン(聖使徒シモン・カナニト)がコーカサスへ旅してグルジア西部へ宣教し、コマニ Comani 村のソフミ Sokhumi の近くへ埋葬されている。また、マティアス(聖使徒マトフィイ)がグルジア南西部へ宣教していたとも言われており、こちらはバトゥミの近郊のゴニオ Gonio 村に埋葬されている。使徒バルトロマイ(聖使徒ワルフォロメイ)とタダイ(聖使徒ユダ・ファデイ)がグルジアに来ていたことを主張する文書が幾つかある。

史料によって疑問の余地なしとされる大規模な宣教は、啓蒙者グレゴリオスと、グルジアの光照者:聖ニノ(ニーナとも)により4世紀の前半に行われた。

4世紀には独立正教会の地位を得たが、19世紀初頭にロシア帝国にグルジアが併合されると、その地位は破棄され、グルジアの教区はロシア正教会のもとに編入され、グルジアのエクザルフの職位が設けられた。1917年のロシア革命時に、グルジア正教会は独立を回復し、1943年モスクワ総主教庁から、1990年コンスタンディヌーポリ総主教庁から独立正教会としての承認を得た。

ロシア正教会アルバニア正教会と同様、20世紀共産主義政権によって弾圧を被ったが、ソ連崩壊後は復興を遂げている。

現在の総主教は全グルジアのカトリコス総主教・ムツヘタとトビリシ大主教イリヤ2世である。

2009年アブハジア正教会英語版は自ら独立教会であると宣言した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]