バルトロマイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルトロマイ(コンラート・ヴィッツによる15世紀の絵画)

バルトロマイギリシャ語Βαρθολομαίος)は、新約聖書に登場するイエス使徒の一人。日本正教会ではワルフォロメイと転写される。

皮剥ぎの刑で殉教したといわれ、ミケランジェロの「最後の審判」にも剥がれた自分の皮とナイフを持った姿で描かれている(この皮の顔はミケランジェロの自画像になっている)。バル・トロマイという名の語義は「タルマイの子」である。記念日は8月24日とされる。

共観福音書の弟子のリストではバルトロマイとしてあらわれるが、他に記述はみられない。上述のバルトロマイの語義から、彼の実名ではなく、父親の名前に由来する呼び名と思われること、ヨハネによる福音書の弟子のリストではバルトロマイの名前はなく、代わりにナタナエルという人物があげられていることから、伝統的にバルトロマイの本名がナタナエルであるという見方がされてきた。

バルトロマイは、伝承ではタダイとともにアルメニアに宣教したとされ、この地方では篤く崇敬される。アルメニア使徒教会の名は、「タダイとバルトロマイによって建てられた教会」を自負するところから来ている。

転写[編集]

時代、地域によって様々な音写・転写や訛化が存在する。

関連項目[編集]