コンラート・ヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンラート・ヴィッツ
Konrad Witz
『奇跡の漁り』(1444年)テンペラ、板、132 × 154 cm/ジュネーヴ美術・歴史博物館
生誕 1400年 - 1410年の間頃
死没 1445年 - 1446年
バーゼル

コンラート・ヴィッツKonrad Witz)はドイツ画家。生まれは、1400年から1410年の間頃で、生地はおそらくヴュルテンベルク王国のロットヴァイル。1445年冬か1446年の春にスイスバーゼルで死去。主にスイスで活動した。1434年からバーゼルで活動している。

スタイル[編集]

ヴィッツの様式はドイツにおける後期ゴシックからルネサンスへの移行期のそれであるといえる[1]。ドイツ南西部シュヴァーベン地方の伝統(写実主義と細部へのこだわり)とブルゴーニュ地方のスタイルに影響を受けたモチーフ(量感と身振りによる感情表現)の融合は、この画家がフランスあるいはオランダにおいて修行時代を過ごした可能性を考えさせる。だがシュヴァーベンとブルゴーニュの地方様式からの造形上の影響は、スイスにいながらにしても享受することができただろう。このことはコンスタンツ公会議(1414-18年)とバーゼル公会議(1431年)が開催されたころ、スイスにはヨーロッパ各地の著名な画家が足跡を残していることから想像できる。多種多様な造形的実験の結果をヴィッツは独自の芸術様式にまとめ上げた。主としてそれは厳格なパースペクティヴに基づき展開される画面の空間と、その内部に配された人物の密度の高い量感に基礎を置いている。

現存作例[編集]

ヴィッツの作品で有名なものは、3つの祭壇画の絵で、それらはすべて、部分的にだが現存している。その中で最も初期のものは1345年頃に作られた『ハイルスピーゲルの祭壇画』で、現在その主な部分はバーゼル美術館に、分解された板数点は他のところにそれぞれ所蔵されている。次に古いのは『聖母の祭壇画』(1440年頃)で、これも板が別々にされて、現在バーゼル、ニュルンベルクゲルマン国立博物館ストラスブールにある。ヴィッツの最後の祭壇画は1444年の『聖ペテロの祭壇画』で、現在ジュネーヴ美術・歴史博物館にあり、その中にはヴィッツィの最も有名な作品である、ジュネーヴの風景を背景に展開される聖書の物語を描く『奇跡の漁り』も含まれている。

『聖クリストフォルス』(バーゼル美術館所蔵)はそれら主要な祭壇画と関係がない作品と考えられている。それ以外に、ヴィッツとその弟子たちの描いた独立した作品が、ナポリベルリン絵画館ニューヨークフリック・コレクションにある。

[編集]

  1. ^ ここでのヴィッツの芸術様式に関する分析は次の資料に基づく。Encyclopédie de l'art, Garzanti, La Pochothèque, 2000, p. 1076.

参考文献[編集]

  • H. Röttgen: Zwei noch umstrittene Zuschreibungen an Konrad Witz, in: Jahrbuch der Berliner Museen NF III, 1961, S. 76 ff.
  • A. Stange: Ein Madonnenbild von Konrad Witz, in: Pantheon XIX, 1961, S. 39.
  • E. Maurer: Konrad Witz und die niederländische Malerei, in: Zeitschrift für Schweizerische Archäologie und Kunstgeschichte XVIII, 1958, S. 158 ff.
  • G. Schmdit: Der Maler Konrad Witz, in Merian IX, 1956, H. 7, S. 42 ff.
  • G. F. Hartlaub: Der Saturn bei Witz, in: Genava NF III, 1955, S. 141 ff.