ルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルカΛουκᾶς, Lukas, ギリシア語発音でルカス, 福音記者ルカ)は新約聖書の『ルカによる福音書』および『使徒行伝』の著者とされる人物。聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている。カトリック教会での記念日は10月18日正教会での記憶日は4月22日5月3日)である。西方世界では医者および画家の守護聖人とされる。日本語表記では、「路加」とも書かれる。

福音記者ルカ[編集]

『ルカによる福音書』および『使徒行伝』はルカの手によるものとして「ルカ文書」とよばれるが、福音書および使徒行伝には筆者についての記述が欠けている。一方、新約聖書中には、ルカという名前がパウロの書簡に協力者として現れる(『フィレモンへの手紙』24、『テモテへの手紙2』4:11、『コロサイ人への手紙』4:14)。教会の伝承では、はやくからこの人物が福音書および使徒行伝の著者だとされてきた。『コロサイ書』には「愛する医者ルカ」とあり、ここから福音記者ルカの職業は伝統的に医者であると信じられてきた。

使徒行伝』には、パウロのいくつかの宣教旅行に「わたしたち」とする記述があり、ルカが筆者であれば、ルカはパウロの最初のマケドニア宣教およびマケドニアからエルサレムへの旅行またエルサレムからローマへの護送に付き添っていたことになる。またこの記述からは、ルカは小アジアのトロアスになにかしら深い関係があったようである。

ルカおよびルカ福音書はしばしばシンボルであらわされる。これは『エゼキエル書』1:10に登場する四つの生き物に由来し、それぞれ四人の福音記者と福音書にあてはめられている。

後代の記録・伝承におけるルカ[編集]

4世紀、一説には2世紀のものとされる文書『ルカによる福音書への反マルキオン的序文』に「ルカはシリアのアンティオキアの出身で、シリア人、職業は医者」とする記述が現れる。この文書は、また、ルカは独身で、84歳でなくなったと伝える。いくつかの写本はルカがなくなったのはボイオティアのテーバイであると付け加えている。

後代の伝承では、彼の伝記はより明確化された。エピファニオス七十門徒のひとりに彼の名を挙げている。ヨハネス・クリュソストモスは、『コリント人への第2の手紙』8:18にいう「私の兄弟」とはバルナバかルカのどちらかを指すと考えていた。

また、画才があり、初めて聖母マリアの絵を描いたという伝承もあったため、中世の絵画などに、聖母子を描くルカの姿が好んで描かれている。ヨーロッパ中世の画家薬剤師ギルドは多くルカを守護聖人としている。ネーデルラントなどの諸都市にある画家ギルドは、共通して「聖ルカ組合」を名乗ることが多かった。

ルカ文書の筆者問題[編集]

『ルカによる福音書』および『使徒行伝』はルカの手によるものとして「ルカ文書」とよばれる。ルカが本当にこれらの書物の著者であることについては論争があり、決着をみていない。保守的な学者はルカ著者説を支持している。その論点としては、これらの文書の著者がルカであるとすることで古代の筆者は一致しており、新約聖書ではあまりめだった活動をしないこの人物が筆者であるとすることで、格別の権威付けが行われるとは考えられないとする。これらの見解を否定する学者は、ルカ文書の筆者は不明であると考える。

関連項目[編集]