地の塩、世の光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

地の塩、世の光(ちのしお、よのひかり)は、新約聖書山上の垂訓のひとつである。マタイ福音書5章13節から16節に記述がある。そのほかマルコ福音書9章48節から50節ルカ福音書14章34節から35節に、地の塩に関する同様の記述がある。

イエスによる垂訓の主な内容[編集]

塩は何であるか[編集]

  • 地獄では、蛆(うじ)が尽きないし火が消えない。皆すべて、火によって塩味になる。 - マルコ9:48、9:49
  • あなたたち[1]は地の塩である。 - マタイ5:13
  • は良いもの。 - マルコ9:50、ルカ14:34

塩が塩気を失った場合[編集]

  • 何によって、そのに塩味をつければよいのだ。 - マタイ5:13、マルコ9:50、ルカ14:34
  • 何の役にも立たず、捨てられ、人々に踏まれる。 - マタイ5:13
  • 畑にも肥料にも役に立たず、捨てられる。 - ルカ14:35

光は何であるか[編集]

  • あなたたち[1]は世の光である。 - マタイ5:14
  • 山の上の町は、隠れられないし、ともし火は升(ます)の下ではなく燭台(しょくだい)の上に置くことで、家の中はすべて照らされる。 - マタイ5:14、5:15

結論[編集]

  • 自分の中にを持ち、互いに平和に過ごしなさい。 - マルコ9:50
  • あなたたち[1]を人々の前で輝かせて、それを見た人々が、あなたたちの天の父を崇めるようにしなさい。 - マタイ5:16

脚注[編集]

  1. ^ a b c イエスの垂訓(すいくん)を聴いている弟子と群集。

関連項目[編集]