ネーデルラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人工衛星が撮影した低地諸国地方

ネーデルラントオランダ語: Nederlanden英語: Netherlands )とは、「低地の国々」を意味し、現在のベルギーオランダルクセンブルクの3ヶ国(ベネルクス)にあたる低地地域(オランダ語:ラーヘ・ランデン de Lage Landen 、英語:the Low Countries)内に存在した諸邦群を表す歴史学用語。日本語で原語に基づいて表現すると、「オランダ」は「ネーデルラント」と呼ぶのが正しい。

歴史[編集]

中世以降、フランドルを中心に商業が発展し、西ヨーロッパの先進地域だった。14世紀後半、ブルゴーニュ公国領としてこの地域は政治的に統合され(ブルゴーニュ領ネーデルラントを参照)、15世紀後半にはハプスブルク家が継承した。

ハプスブルク家がオーストリア系・スペイン系に分かれると、ネーデルラントはスペイン・ハプスブルク家が支配した。宗教改革以降、プロテスタントの勢力がカトリックスペインの支配に抵抗し、ネーデルラントの北部7州は八十年戦争を経て、1648年にヴェストファーレン条約によってスペイン・ハプスブルク家の支配から独立した。北部7州は連邦制・共和制(ネーデルラント連邦共和国)、フランスの支配(バタヴィア共和国ホラント王国フランス帝国への併合)を経て、オラニエ=ナッサウ家を王家とする現在のネーデルラント王国(オランダ)に到る。

一方の南ネーデルラントは、スペイン・ハプスブルク家の支配下に留まる(スペイン領ネーデルラント)ものの、フランス王国との係争地となり、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)も巻き込んでネーデルラント継承戦争が起こされた。スペイン継承戦争後は、オーストリア・ハプスブルク家領(1713年 - 1793年)となるが、フランス革命戦争後にフランスが併合した。1815年ウィーン条約ウィーン会議)ではネーデルラント連合王国に編入されるが、オランダ人の支配を嫌い、1830年革命が起こり、翌年、イギリスなどの承認によりドイツ貴族ザクセン=コーブルク=ゴータ家レオポルド1世を国王とする立憲君主国・ベルギー王国が成立した。ネーデルラント王国は1839年にベルギーの独立を承認した。1890年にはルクセンブルク大公国がネーデルラント王国との同君連合を解消して独立した。

関連項目[編集]