ルクセンブルク君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルクセンブルク君主一覧では、ルクセンブルクをかつて統治したルクセンブルク伯、ルクセンブルク公、および現在のルクセンブルク大公国の歴代大公を挙げる。

ルクセンブルク伯[編集]

ルクセンブルク=アルデンヌ家[編集]

ナミュール=ルクセンブルク家[編集]

リンブルク=ルクセンブルク家[編集]

ルクセンブルク公[編集]

リンブルク=ルクセンブルク家[編集]

ブルゴーニュ領[編集]

1443年にルクセンブルク伯領はブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)に制圧され、以後はブルゴーニュ領ネーデルラントの一部として統治される。後にハプスブルク家へと継承され、1794年にフランスに占領されるまで統治した。

歴代君主はブルゴーニュ公一覧を参照。

ただし、1469年まではルクセンブルク家およびその縁者が名目上の公位を主張していた。

ルクセンブルク大公[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ルクセンブルク大公国徹底解説, p.8
  2. ^ G.トラウシュ, p.18

参考文献[編集]

  • 『ルクセンブルク大公国徹底解説』ルクセンブルク政府広報局、2012年、http://tokyo.mae.lu/jp/node_19878
  • G.トラウシュ『ルクセンブルクの歴史』刀水書房、1999年
  • 下津清太郎『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1987年