フィリップ3世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ3世
Philippe III
ブルゴーニュ公
Philip the good.jpg
『“善良公”フィリップ3世』(1450年頃、
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン画)
在位 1419年9月10日 - 1467年6月15日
別号 ブラバント公ルクセンブルク公ブルゴーニュ伯エノー伯ホラント伯、ゼーラント伯、アルトワ伯
出生 1396年7月31日
Ancient Flag of Burgundy.svgブルゴーニュ公国 ディジョン
死去 1467年6月15日
Ancient Flag of Burgundy.svgブルゴーニュ公国 ブルージュ
配偶者 ミシェル・ド・フランス
  ボンヌ・ダルトワ
  イザベル・ド・ポルテュガル
子女 シャルル
王家 ヴァロワ=ブルゴーニュ家
王朝 ヴァロワ朝
父親 ジャン1世(無怖公)
母親 マルグリット・ド・バヴィエール
テンプレートを表示

フィリップ3世Philippe III, 1396年7月31日 - 1467年6月15日)は、ヴァロワ=ブルゴーニュ家の第3代ブルゴーニュ公(在位:1419年 - 1467年)。「善良公」(le Bon)と呼ばれる。

ジャン1世(無怖公)と妃マルグリット・ド・バヴィエールの長男。

生涯[編集]

父ジャン1世がフランス宮廷内での対立からアルマニャック派の手によって殺害されたため、ブルゴーニュ公位を継承した。ブルゴーニュ公となると、父の仇であるアルマニャック派が推す王太子シャルルに対抗するため、フランス王位を要求していたイングランド王ヘンリー5世と同盟を結ぶ(アングロ・ブルギニョン同盟)。これにより、百年戦争イングランドが優位に立ち、ヘンリー5世はトロワ条約でフランス王位の継承権を手に入れるまでになった。

しかし、ランスで王太子が戴冠式を行ってフランス王シャルル7世を称する頃になると形勢は逆転し始めた。1430年に、フィリップ3世は王太子側のジャンヌ・ダルクを捕らえてイングランド軍に引き渡したが、翌1431年にはフランス王家と休戦、1435年にはアラスの和平でフランス王家と講和した。これにより、百年戦争はフランスの勝利へと向かうことになる。

このように百年戦争の後半の展開を左右したフィリップ3世だが、ネーデルラントにおいては領土を拡大し、また安定した統治を行った。金羊毛騎士団を創設し、騎士道文化が最盛期を迎えた。フーベルトヤンのファン・エイク兄弟などのフランドル派絵画や、ネーデルラント楽派の音楽はヨーロッパで最高水準のものとなった(北方ルネサンス)。

3度目の妻であるイザベル・ド・ポルテュガルとの間に、嫡子シャルルをもうけた。

フィリップ3世 善良公
ヴァロワ分家

1396年7月31日 - 1467年6月15日

先代:
ジャン1世
ブルゴーニュ公
フランドル伯
ブルゴーニュ伯

1419年 - 1467年
次代:
シャルル
先代:
フィリップ・ド・サン=ポル
ブラバント公
1430年 - 1467年
次代:
シャルル
先代:
ジャクリーヌ・ド・エノー
エノー伯ホラント伯
ゼーラント伯

1432年 - 1467年
次代:
シャルル
先代:
エリーザベト・フォン・ゲルリッツ
ルクセンブルク公
1443年 - 1467年
次代:
シャルル