ハンフリー・オブ・ランカスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンフリー・オブ・ランカスター

ハンフリー・オブ・ランカスター(Humphrey of Lancaster, 1390年10月3日 - 1447年2月23日)は、ランカスター朝の王族でイングランドヘンリー4世と最初の妻メアリー・ド・ブーンの四男。ヘンリー5世クラレンス公トマスベッドフォード公ジョンの弟。1414年グロスター公に叙された。ペンブルック伯でもあった。

長兄ヘンリー5世が1422年に急死した後、甥ヘンリー6世摂政護国卿の地位に就いた。百年戦争では抗戦派であったので、和平派の叔父ヘンリー・ボーフォート枢機卿らと対立した。1425年に妻の権利を主張してネーデルラントに侵略し、イングランドと同盟していたブルゴーニュ公フィリップ善良公と対立、敗退した。

やがて和平派がヘンリー6世の周辺を取り囲むようになり、サフォーク伯ウィリアム・ドゥ・ラ・ポールら和平派の工作により1447年に逮捕され、同年に急死した。

1422年エノー女伯及びホラント女伯ジャクリーヌと結婚した。ジャクリーヌは1子を死産し、その後は子供ができなかった。ジャクリーヌは先夫ブラバント公ジャン4世と離縁しての再婚であったが、後に先夫との結婚が有効でありハンフリーとの結婚は無効であるとされた。その後ハンフリーは愛人エレノア・コブハムと再婚したが、子供が生まれなかったため、グロスター公は断絶した。

関連項目[編集]