戴冠式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『カール大帝の戴冠式』。16世紀ラファエロ画。

戴冠式(たいかんしき、coronation)は、君主制国家で、国王皇帝即位の後、公式に王冠帝冠を受け、王位帝位への就任を宣明する儀式即位式ともいう。日本では、即位の礼がこれにあたる。

概要[編集]

戴冠式は、高僧や神官、高位貴族が、新君主に王冠・帝冠をかぶせることにより行われる。先代君主が存命中に、先代君主自身の手により行うこともある。また、全ての君主制の国に王冠・帝冠が存在するわけではない。

古くは、アケメネス朝ペルシア帝国紀元前550年 - 紀元前330年)で、ゾロアスター教の大司教が皇帝に戴冠したとされる。

キリスト教国では、高僧が新君主の頭に聖油を注ぎ、への奉仕を誓わせる儀式が主体となる。このため、イギリスでは聖別式(consecration)、フランスでは成聖式(sacre あるいは sacre de roi)といわれた。

聖別式の起源は、『旧約聖書』の「列王紀下」に記された故事にある。同書には、ソロモン王が王冠を受けたことが記され、また、イスラエルユダヤの諸王が聖別式を行ったことが記されている。「油塗られた者」(ヘブライ語の「マスィアッハ」)は「王」の婉曲的表現となり、後には救世主ラテン語の「メシア」)を指すようになる。

ヨーロッパ大陸では、カール大帝西ローマ帝国神聖ローマ帝国)を再興して、ローマ教皇から帝冠を受けた西暦800年から、皇帝フリードリヒ3世ローマに赴いてローマ教皇から帝冠を受けた1440年まで、聖油を注ぐ慣習が行われた。

アングロ・サクソン年代記には、デーン人の大軍を破ってイングランドを死守したアルフレッド大王が、872年に聖油を頭に受けて即位したとある。また、1066年には、ハロルド2世ロンドンウェストミンスター寺院で戴冠式を行ったと記録され、12世紀まではローマ教皇から王冠を受けた。その後、多少の改変はあったものの、1189年リチャード1世のとき、イギリスの戴冠式の様式がほぼ確立した。

カトリック国では、国王・皇帝のほか、ローマ教皇が即位する際にも戴冠式が行われた。14世紀クレメンス5世(在位:1305年 - 1314年)のときからは、三重冠(教皇冠英語版:Papal Tiara)が戴冠された。バチカン市国国旗国章にも、この三重冠が描かれている。しかし、三重冠の戴冠は、1978年ヨハネ・パウロ1世即位のときに止められた。ヨハネ・パウロ1世は、三重冠をアメリカ合衆国ワシントンD.C.にある無原罪の御宿りの聖母教会に寄贈した。2005年に即位したベネディクト16世は、紋章からも三重冠を廃した。

非キリスト教国でも、タイブルネイマレーシア東南アジア諸国や、中近東の君主制国家では、戴冠式やそれに類似した即位式が行われる。

1977年12月4日には、中央アフリカ共和国ボカサ大統領が、約2000万ドル(国家予算の1/4)もの巨費をつぎ込んで、贅を尽くしたフランス風の戴冠式を行い、中央アフリカ帝国初代皇帝ボカサ1世に即位した(「黒いナポレオン」)。

イギリスの戴冠式[編集]

イギリスの戴冠式で用いられる宝物(連合王国の戴冠宝器)。エリザベス2世の戴冠式では、図左下のセント・エドワード・クラウンが戴冠された。中央の椅子はスクーンの石がはめ込まれたキング・エドワード・チェアー

イギリスの戴冠式は、ロンドンのウェストミンスター寺院で行われる。まず、カンタベリー大主教祈祷し、国王は宣誓して「スクーンの石」がはめ込まれた戴冠式の椅子「キング・エドワード・チェアー」(エドワード懺悔王の椅子、英語版:King Edward's Chair)に着く。大主教は、国王の頭と胸、両手のてのひらに聖油を注ぐ。次に、国王は絹の法衣をまとい、宝剣王笏王杖指輪手袋などを授けられ、大主教の手により王冠をかぶせられる。国王は椅子に戻り、列席の貴族たちの祝辞を受ける。その後、国王の配偶者も宝冠(coronet)を受ける。

1953年昭和28年)6月2日に行われた女王エリザベス2世の戴冠式では、純製で重さ約2kgの「聖エドワード王冠」、英語版:St. Edward's Crown)が戴冠された。この王冠は重すぎるため戴冠式以外では用いられず、その後の儀式では「インペリアル・ステート・クラウン」(大英帝国王冠、Imperial State Crown)が用いられている。この式の際には、日本から皇太子明仁親王今上天皇)が、昭和天皇の名代として列席した。

1996年、戴冠式用の椅子である「キング・エドワード・チェアー」(エドワード王の椅子)にはめ込まれていた「スクーンの石」が、スコットランドに返還された。スクーンの石は、1296年エドワード1世が、スコットランドから持ち去った物で、スコットランド征服の象徴として、歴代イングランド王の戴冠式で王の尻に敷かれていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]