フィリップ・ド・サン=ポル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ド・サン=ポル

フィリップ・ド・サン=ポル(Philippe de Saint-Pol, 1404年7月25日 - 1430年8月14日)は、サン=ポル伯、リニー伯(在位:1415年 - 1430年)、のちブラバント公(1427年 - 1430年)。ブラバント公アントワーヌとジャンヌ・ド・サン=ポルの次男。

3歳の時に母の死によって、兄のジャン(後のジャン4世)とともに母方の祖父ワレラン3世が有していたサン=ポル伯・リニー伯の共同所有権を得る。1415年に父がアジャンクールの戦いで戦死すると、ジャンがブラバント公位を継承したが、家臣との対立から1420年に亡命に余儀なくされ、フィリップがブリュッセルに入って総督、後に摂政に就任したが、兄に代わって公位に就くことは肯んじなかった。だが、1427年に復帰した兄が没するとブラバント公を継承した。

1430年、26歳の若さで急死した。ナポリ対立王であったルイ2世・ダンジューの遺児ヨランドとの婚姻を協議中の突然の死去であり、また馬上試合で巧みな武勇を示すなど、兄のジャン4世と違って病気とは無縁と思われていたために、公位継承を巡る毒殺説も流された。もっとも、現存する記録を見る限りでは、実際にはフィリップは少なくとも前年の5月から重い胃の病を抱えており、胃潰瘍胃癌などの消化器系統の病状悪化が死因と見られている。

嫡子がなかったため(庶子は5人存在したという)、死後は従兄に当たるブルゴーニュフィリップ善良公がブラバント公を継承したが、母方から継承したサン=ポル伯とリニー伯はフィリップが公位に就いた時の取り決めによって、母方の大叔母ジャンヌが継承した。

参考文献[編集]

  • エーリック・アールツ「フィリップ・ド・サン・ポールはなぜ死んだか 15世紀前半ブラバント公宮廷の医療」所収:アールツ著/藤井美男 監訳『中世ヨーロッパの医療と貨幣危機 ある君主の検屍報告と貨幣不足問題の分析』(九州大学出版会、2010年) ISBN 978-4-7985-0014-0
先代:
ジャン4世
ブラバント公
1427年 - 1430年
次代:
フィリップ善良公
先代:
ワレラン3世
サン=ポル伯
リニー伯
1415年 - 1430年
次代:
ジャンヌ