アントワーヌ (ブラバント公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Antonin.jpg

アントワーヌ・ド・ブルゴーニュ(Antoine de Bourgogne, 1384年8月 - 1415年10月25日)は、ブラバント公(在位:1406年 - 1415年)。ブルゴーニュ公フィリップ2世(豪胆公)とフランドル女伯マルグリット3世の息子で、ジャン無畏公の弟。ヴァロワ=ブルゴーニュ家で最初にブラバント公となった人物。

母方の祖母マルグリットの姉、ブラバント女公ジャンヌの死後、協定によりブラバント公を相続した。

1402年にリニー伯兼サン=ポル伯ワレラン3世の娘ジャンヌ・ド・サン=ポル(? - 1406年)と結婚し、2男をもうけた。アントワーヌの死後はこの2人が相次いでブラバント公を継承した。

1409年ルクセンブルク女公エリーザベト・フォン・ゲルリッツと再婚し、2子をもうけたが、いずれも夭逝した。

1415年アジャンクールの戦いで戦死した。

先代:
ジャンヌ
ブラバント公
1406年 - 1415年
次代:
ジャン4世