ヴィルヘルム2世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム2世

ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1365年 - 1417年5月31日)は、14世紀下バイエルン=シュトラウビングエノー伯ホラント伯ゼーラント伯でもあった。アルブレヒト1世の長男。姉マルガレーテブルゴーニュ公ジャン無怖公に嫁ぎ、自身もフィリップ豪胆公の娘(ジャン無怖公の妹)マルグリットと結婚している(カンブレー二重結婚)。

派閥抗争のもつれから父と対立、内乱を起こした。1404年に死去した父の領土を継いだが、1397年には下バイエルン=シュトラウビング公であった弟のアルブレヒト2世が亡くなっている。

弟のリエージュ司教ヨハンがリエージュ市民と対立、鎮圧の為に義兄のジャン無怖公、同族の上バイエルン=インゴルシュタットルートヴィヒ7世と共に出兵。1417年に死去した時、娘のジャクリーヌエノーホラントゼーラントが相続された。

しかし、下バイエルン=シュトラウビンク公となったヨハンは反対、相続争いが勃発した。

先代:
アルブレヒト1世
下バイエルン=シュトラウビング
1404年 - 1417年
次代:
ヨハン3世
先代:
アルベール1世
エノー伯ホラント伯ゼーラント伯
1404年 - 1417年
次代:
ジャクリーヌ