マルグリット・ド・バヴィエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルゴーニュ公爵夫人マルグリット

マルグリット・ド・バヴィエールMarguerite de Bavière, 1363年 - 1423年1月23日)は、ブルゴーニュ公ジャン(無畏公)の妃。ドイツ語名マルガレーテ・フォン・バイエルン(Margarethe von Bayern)。

下バイエルン=シュトラウビンクアルブレヒトエノー伯ホラント伯・ゼーラント伯)の第4子として生まれた。

1385年カンブレーでジャンと結婚した(カンブレー二重結婚)。1404年の父フィリップ豪胆公の死、1405年の母マルグリットの死により、ジャンは両親の持つブルゴーニュフランドルアルトワなど広大な所領を相続した。

マルグリットと同時に結婚した弟エノー伯ギヨーム4世とジャンの妹マルグリットには、一人娘ジャクリーヌしかいなかった。しかしジャクリーヌが早世すると、エノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯、フリースラント卿といった称号が、最も近い縁者であるフィリップ善良公へ相続されることとなった。

子女[編集]