マルグリット3世 (フランドル女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルグリット・ド・ダンピエール

マルグリット・ド・ダンピエール(Marguerite de Dampierre, 1350年4月13日 - 1405年3月16日/3月21日)は、フランドル女伯(マルグリット3世、在位:1384年 - 1405年)及びブルゴーニュ女伯(マルグリット2世、在位:同)。2度にわたってブルゴーニュ公妃となった人物である。

フランドル伯ルイ2世ブラバント公ジャン3世の娘マルグリットの長女として生まれた。1357年、7歳でブルゴーニュ公フィリップ1世ウード4世の孫で又従兄に当たる)と結婚した。しかしフィリップ1世は4年後に15歳で死去したため、公位はフランスジャン2世のものとなった。1363年、ジャン2世は息子フィリップをブルゴーニュ公(フィリップ2世、豪胆公)とした。

ルイ2世はイングランドと友好を保つべく、マルグリットをフランス人と結婚させたくなかったが、母を通じてブラバント公領相続人となっていた彼女を妻に望む者は多く、マルグリットは1369年にフィリップ豪胆公と再婚した。1384年の父の死により(兄弟らは既に早世していた)、フランドル伯位はマルグリットと夫フィリップが相続した。

子女[編集]

先代:
ルイ2世
フランドル女伯
ブルゴーニュ女伯
1384年 - 1405年
次代:
ジャン無怖公