ルテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rethel
Armoiries Rethel 3 rateaux.svg

Bibliothèque et église saint Nicolas Rethel.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏Blason région fr Champagne-Ardenne.svg
(département) アルデンヌ県Blason département fr Ardennes.svg
(arrondissement) ルテル郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 08362
郵便番号 08300
市長任期 ギィ・ドゥラメ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Rethelois
人口動態
人口 7,718人
2011年
人口密度 415人/km²
住民の呼称 Rethélois
地理
座標 北緯49度30分38秒 東経4度22分00秒 / 北緯49.5106度 東経4.3667度 / 49.5106; 4.3667座標: 北緯49度30分38秒 東経4度22分00秒 / 北緯49.5106度 東経4.3667度 / 49.5106; 4.3667
標高 平均:m
最低:67m
最高:146m
面積 18.58km² (1 858ha)
Rethelの位置(フランス内)
Rethel
Rethel
公式サイト http://www.villederethel.fr/
テンプレートを表示

ルテルRethel)は、フランスシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏アルデンヌ県コミューン

地理[編集]

エーヌ川がコミューン中心部を流れる。

歴史[編集]

ガイウス・ユリウス・カエサルがこの地に駐屯したことがコミューンの基礎となった。メス司教アルヌルフの伝記中に、アルヌルフの家族がランス司教レミギウスにvilla Reisteteにて所有する財産全てを寄進した話が記されている。villa Reisteteとはルテルの古名である。小さな町はその後ランスのサン=レミ修道院に属し、行政は代理人が行った。10世紀半ば、代理人であったマナスス1世が初のルテル伯爵と呼ばれた。1405年に正式に伯爵領となり、1581年に公爵領に昇格した。1663年にはマザラン公爵の所有する称号となった。

フランス・スペイン戦争ではスペインに占領され、1653年にフランス軍が奪還した[1]

1814年、スペイン人捕虜を感染源としてチフスが流行した。1832年と1849年にはコレラが流行した。

ルテルは、食肉加工品である白ブーダンで有名である。2001年から地理的表示の扱いを受けている。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Anne Blanchard, « Louis Nicolas de Clerville », in Actes du colloque « Vauban et ses successeurs dans les ports du Ponant et du Levant », Brest, 16-19 mai 1993, publié dans Vauban et ses successeurs dans les ports du Ponant et du Levant, Paris : Association Vauban, 2000, p 122 (également publié dans Les cahiers de Montpellier no 38, tome II/1998, Histoire et Défense, Université Paul-Valéry)