マルグリット1世 (ブルゴーニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルグリット・ド・ブルゴーニュ

マルグリット1世(Marguerite Ire de Bourgogne, 1310年 - 1382年5月9日)は、ブルゴーニュ女伯およびアルトワ女伯(在位:1361年 - 1382年)。フランスフィリップ5世と王妃である女伯ジャンヌ2世の娘。マルグリット・ド・ブルゴーニュ(Marguerite de Bourgogne)、マルグリット・ド・フランス(Marguerite de France)とも呼ばれる。

1322年にフランドル伯ルイ1世と結婚し、1330年に一男ルイ2世(ルイ・ド・マール)をもうけた。夫は1346年にクレシーの戦いで戦死している。

母ジャンヌ2世が1330年に死去した際、その所領はマルグリットの姉ジャンヌ3世が相続し、1349年にジャンヌ3世が死去するとその孫であるブルゴーニュ公フィリップ1世が相続した。フィリップは1357年にマルグリットの孫娘マルグリット・ド・ダンピエールと結婚したが、1361年に早世した。フィリップの遺領は縁者の間で分割され、ブルゴーニュ伯領とアルトワ伯領はマルグリットが獲得した。

マルグリットは1382年まで長命を保ったが、その死後は一人息子ルイ2世を経て、孫娘マルグリットへ所領が相続された。

先代:
フィリップ1世
ブルゴーニュ女伯
1361年 - 1382年
次代:
ルイ・ド・マール