ジャン4世 (ブラバント公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Honza4.jpg

ジャン4世(Jean IV, 1403年6月11日 - 1427年4月17日)は、ブラバント公(在位:1415年 - 1427年)。ブラバント公アントワーヌとジャンヌ・ド・サン=ポルの長男。父がアジャンクールの戦いで戦死したため、12歳で公位を継承した。

1418年に従姉に当たるエノー女伯ジャクリーヌと結婚した。政略結婚であったが、領土争いでジャンが頼りにならないことがわかると(ジャクリーヌの叔父の下バイエルン=シュトラウビング公ヨハン3世との争いで劣勢だった)、ジャクリーヌは1422年に婚姻の無効を認められて、イングランドヘンリー5世の弟グロスター公ハンフリーと再婚した。

1427年に23歳で死去し、子がなかったため、弟フィリップ・ド・サン=ポルが後を継いだ。

先代:
アントワーヌ
ブラバント公
1415年 - 1427年
次代:
フィリップ・ド・サン=ポル