ルーヴェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーヴェン市
Stadswapen Leuven.gif
LeuvenLocatie.png
地理
地域圏 フランデレン地域の旗 フランデレン地域
フラームス=ブラバント州の旗 フラームス=ブラバント州
ルーヴェン郡
Location 北緯50度52分 東経04度42分 / 北緯50.867度 東経4.700度 / 50.867; 4.700
地域 56,63 km²

ルーヴェンオランダ語:Leuven [ˈl̪øːvə(n̪)] ( 聞く) 発音例(ルーフェ(ン)、レーヴェ(ン)など)、フランス語:Louvain [luvɛ̃] 発音例ルーヴァンまたはルヴァン))は、ベルギーフラームス=ブラバント州の州都である。現在の市街地は歴史上のルーヴェン市域と隣接したヘヴェルレー(Heverlee)、ケッセル=ロー(Kessel-Lo)、コルベーク=ロー(Korbeek-Lo)の一部、Wilsele、Wijgmaal を含んでいる。人口は89,910人(男性44,331人、女性45,579人、2005年1月1日)。広さは56.63km²あり、1km²あたり1587.67人の人口密度である。

歴史[編集]

891年、西ローマ皇帝(東フランク王アルヌルフヴァイキング軍を打ち破ったとき、Loven として言及されたのにはじまる。伝説によればその赤、白、赤の紋章は、戦闘後の血に染まったデイレ川の岸辺を描いたものだという。デイレ河畔にあり、またブラバント公の要塞への近さのために、11世紀から14世紀にかけて、ルーヴェンは公領における商業の最も重要な拠点となった。織物生産の拠点としての以前の都市の重要性の一端は、14世紀から15世紀の文章で lewyn(外には: Leuwyn, Levyne, Lewan(e), Lovanium, Louvain)として知られる典型的なルーヴェンのリネンによく反映されている。

15世紀低地地方で最も大きくかつ最も古い大学の創設と共に、新しい黄金時代が創められた。1425年創立のルーヴェン・カトリック大学 (Katholieke Universiteit Leuven, K. U. ルーヴェン) である。

18世紀になり、のちに Interbrew として世界最大になる醸造所(2004年に InBev に改称)の繁栄もあって、ルーヴェンの重要性は増した。InBev本社とステラ・アルトア醸造所は実際、鉄道駅からメヘレンへの運河にいたる、市街の北東部の大分を占めている。

20世紀、この町は2度の世界大戦によって重大な損害を受けた。第一次世界大戦の緒戦において侵入したドイツ軍はルーヴェンで虐殺をなし、市街やK.U.ルーヴェンの図書館を焼き払った。また、図書館は大戦の終了後、アメリカの義捐基金およびドイツからの賠償金によって完全に再建された。この際に連合国諸国を記念する意匠を加えて造られたが、日本も連合国であったため含まれている。しかし第二次世界大戦で再び侵攻してきたドイツ軍は、市街にはほとんど手をつけずに図書館をのみ放火した。図書館は再度立て直され、悲惨な戦争の象徴として立っている。現在はルーヴェン・カトリック大学や同大学設立による研究所であるInteruniversity Microelectronics Centre (IMEC) など研究施設があるため、学術都市として有名となっている。

見所[編集]

主な施設[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]