対立王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対立王(たいりつおう、: Gegenkönig: antiking)は、継承争いや政治上の対立のため、君臨している君主に対して自分こそが正当な君主であると宣言する王。

対立王の例は世襲君主制の国よりも選挙王制の国でよく見られ、15世紀]]初頭までの神聖ローマ帝国で最もよく見られる。「対立王」に類似した用語に「対立教皇」があり、実際にこれらには深い関係がある。ドイツ諸邦の王や神聖ローマ皇帝が政治的に闘争中であったローマ教皇を弱体化するためにたびたび対立教皇を擁立し、ローマ教皇も自分と意見を異にする皇帝の政敵としてたびたび対立王を支援したのであった[1]

王位請求の自分の権利が正当であることを示すことに成功し、正当な国王として承認された対立王もいれば、対立王としての地位について今日もなお議論されている対立王もいる。前者にはコンラート3世フリードリヒ2世カール4世などの神聖ローマ皇帝がおり、後者にはバイエルン公ハインリヒ2世マイセン辺境伯エクベルト2世などがいる。他に対立王を出した国にボヘミアハンガリーイングランドフランスなどがある。

対立王が立てられる場合には、国内の王位継承問題が絡む事も多い。その為、他国を巻き込んだ内戦や継承戦争に発展する場合もある。13世紀には、神聖ローマ皇帝のいない大空位時代に発展した。

ドイツの著名な対立王[編集]

対立王 年代 当時の君主
バイエルン公アルヌルフ 919年 - 921年 ドイツ王ハインリヒ1世
シュヴァーベン大公ルドルフ 1077年 - 1080年 神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世
ザルム伯ヘルマン 1081年 - 1088年 神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世
神聖ローマ皇帝コンラート3世 1127年 - 1135年 神聖ローマ皇帝ロタール3世
神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世 1212年 - 1215年 神聖ローマ皇帝オットー4世
テューリンゲン方伯ハインリヒ・ラスペ 1246年 - 1247年 神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世
ホラント伯ウィレム2世 1248年 - 1250年 神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世
ホラント伯ウィレム2世 1250年 - 1254年 神聖ローマ皇帝コンラート4世
カスティーリャアルフォンソ10世 1257年 - 1273年 コーンウォールリチャード
ドイツ王フリードリヒ3世 1314年 - 1325年 神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世
神聖ローマ皇帝カール4世 1346年 - 1347年 神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世
ギュンター・フォン・シュヴァルツブルク 1349年 神聖ローマ皇帝カール4世
ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公フリードリヒ1世 1400年 神聖ローマ皇帝ヴェンツェル

脚注[編集]

  1. ^ 菊地良生『神聖ローマ帝国』(講談社、2003年) 80頁参照。

参照文献[編集]

  • 菊地良生著『神聖ローマ帝国』(講談社、2003年)

関連項目[編集]