ジェーン・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェーン・グレイ

ジェーン・グレイ: Jane Grey1537年10月12日? - 1554年2月12日)は、16世紀中頃のイングランド女王(在位1553年7月10日[1] - 19日)。異名に九日間の女王(ここのかかんのじょおう、Nine-Day Queen)がある。

数奇な縁でイングランド史上初の女王として即位したが、在位わずか9日間でメアリー1世により廃位され、その7か月後に大逆罪斬首刑に処された。そうした経緯から、イギリスでは古来彼女のことを「クイーン・ジェーン」(Queen Jane、ジェーン女王)とは呼ばずにレディー・ジェーン・グレイLady Jane Grey、ジェーン・グレイ令嬢)と呼んできた。ジェーンを正統なイングランド君主とはみなさない史家や学者も少なくないが、今日のイギリス王室はジェーンをテューダー朝第4代の女王として公式に歴代君主の一人に数えている[2]

父は初代サフォーク公爵ヘンリー・グレイ、母は同公爵夫人フランセス・ブランドン。母方の祖母がヘンリー8世の妹でプロテスタントメアリー・テューダーだったことがジェーンの王位継承権の根拠となった。

来歴[編集]

ジェーンの血統に着目したウォリック伯(のちのノーサンバランド公 ジョン・ダドリー)は、政敵サマセット公 エドワード・シーモアエドワード6世の母方の伯父)に反逆の汚名を着せ処刑した後、自分の息子ギルフォード・ダドリー[3]とジェーンを結婚させた。そうして、王位継承のライバルとなるヘンリー8世の子メアリーカトリックであることを利用し、熱烈なプロテスタントのエドワード6世を説き伏せ、病床の王からジェーンへの王位継承を指示する勅令を得た。ノーサンバランド公の最終目的は、ジェーンとギルフォードの息子(つまりノーサンバランド公の孫)を王位につけることにあったという。

エドワード6世が崩御すると、ノーサンバランド公はジェーンの即位を宣言したものの、陰謀を察知したメアリーが逃亡[4]し、身柄を拘束できなかった。そのためメアリー派の反攻を許すこととなり、1553年7月19日サフォークでメアリーが即位を宣言、ジェーンと夫ギルフォードらが逮捕された。続けてギルフォードの兄弟、ジョン、アンブローズ、ロバート(のちにエリザベス1世の寵臣となる)、ヘンリーらダドリー一族も逮捕された。

その後、ジェーンはロンドン塔幽閉を経て、1554年2月12日、夫ギルフォードとともに斬首された。王位に就いたメアリーは当初、ジェーンの処刑に躊躇したといわれるが、スペインカルロス1世と王太子フェリペの婚約解消の脅しに屈し[5]、処刑の命令を下したという。なおこの1554年2月というのは、ジェーンを王位に即けることを要求したワイアットの乱の起きた月でもあり、その影響もあったと考えられる。

処刑後、遺体は夫ギルフォードと共にセント・ピーター教会に葬られた。

参考文献[編集]

  • 小西章子『華麗なる二人の女王の戦い』朝日新聞社、1988年 ISBN 4022605308
  • Fraser, Antonia The six wives of Henry VIII, London: Phoenix, 2002(初版は別の出版社で1992年ISBN 1842126334(日本語訳:アントーニア・フレイザー『ヘンリー八世と六人の王妃』)
  • R.Tyler(ed.), Calendar of Letters, Despatches and State papers relating to the Negotation between England and Spain,1969-78, vol. 11.
  • Wingfield, ‘Vita Mariae Aigliae Reginae(1554)’, ed. and tr. by D. MacCuloch, in Camden Miscellary XXVIII(Camden 4th ser. 29), London, 1984.
  • 石井美樹子『薔薇の王朝 王妃たちの英国を旅する』NTT出版、1996年

文学・フィクション[編集]

「レディー・ジェーン・グレイの処刑」 ポール・ドラローシュ(1833年、フランス)

小説[編集]

補注[編集]

  1. ^ ジェーンがロンドン塔に入城し枢密院がその即位を宣言したのが7月10日。前のエドワード6世が崩御したのはその4日前の7月6日だったが、その死はジェーンがロンドンに到着するまで秘匿された。この空白の4日間もジェーンの治世に含めて彼女の即位を7月6日まで溯る見方もあるにはあるが、実態を欠く。
  2. ^ Lady Jane Grey英国王室公式サイトの歴史セクションより、2014年9月29日閲覧
  3. ^ ジョン・ダドリーの六男。8人いた息子のうち1553年当時存命だった5人の中では上から4番目。
  4. ^ 英文のものも含め、ノーフォーク公がメアリーを匿ったと記述されている文献があるが、これは誤り。第3代ノーフォーク公 トマス・ハワードはヘンリー8世の晩年にロンドン塔に投獄され、その身柄は次のエドワード6世の在位中もずっと獄中にあった。メアリーはまずハワード家の所有するノーフォーク州のケニングホールに逃れ、その後フラミンガム城に移動した。メアリーがノーサンバランド公に勝利し、女王になってからやっとノーフォーク公は釈放された。
  5. ^ ジェーンの父、ヘンリー・グレイはフェリペとメアリーの結婚に対する反対者が起こしたケントの反乱の首謀者の一人であったため、スペイン王室からグレイ一族の抹殺が結婚の条件として突きつけられることになった。

外部リンク[編集]