ウィリアム2世 (イングランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム2世

ウィリアム2世(William II、1060年? - 1100年8月2日)は、ノルマン朝イングランドの第2代国王(在位:1087年 - 1100年)。フランス名はギヨーム2世(Guillaume II)。ウィリアム1世フランドル伯ボードゥアン5世の娘マティルダの3男。ロベール2世の弟、ヘンリー1世の兄。鬚が赤毛であったことから赤顔王(ルーファス、Rufus)と呼ばれる(顔が赤かったからと言う説もある)。

父の信頼が厚かった高僧ランフランク1070年カンタベリー大司教に就任)の教育を受けて育ったルーファスは、1087年、父がノルマンディーで危篤状態に陥ると、イングランド王位を狙っていた兄ロベールに先んじて、父の死を見届けることもなく9月26日ウェストミンスター寺院で戴冠(ロベールはノルマンディー公となった)、兄ロベール派の貴族を抑えてイングランド王の地位を確立した。

スコットランドマルカム3世が北部イングランドに侵攻すると逆に討ち取り、1094年にマルカム3世の息子ダンカン2世を支持してドナルド3世(マルカム3世の弟)を廃位させ、同年にダンカン2世が暗殺されてドナルド3世が復位すると1097年にダンカン2世の異母弟エドガーに援助を与えてドナルド3世を廃位、スコットランドを従属させた。

しかし、父程の器量を持ち合わせていなかったウィリアム2世は、即位2年後に後見役のランフランクが亡くなると放蕩・乱脈の限りを尽くすようになった。また、ランフランク死後13年たって任命したカンタベリー大司教のイタリア人アンセルムスの解任をめぐって、教会領を没収しローマ教皇ウルバヌス2世と対立した。

1100年、ニューフォレストで狩猟中に部下の放った矢が当たり、あっけなく死去した。独身で子が無かったため、王位は弟のヘンリー1世が継承した。ちなみに彼は、男色家であったと長きにわたって考えられている。