メアリー・テューダー (フランス王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアリー・テューダーとサフォーク公(1516年、作者不明)

メアリー・テューダーMary Tudor, 1496年3月18日 - 1533年6月25日)は、テューダー朝イングランドヘンリー7世と王妃エリザベスの次女で、フランス国王ルイ12世の王妃。フランスではマリー・ダングルテール(Marie d'Angleterre)と呼ばれる。ルイ12世の死後はイングランド貴族の初代サフォーク公チャールズ・ブランドンと再婚した。孫にジェーン・グレイがいる。

フランス王妃だったのは3ヵ月だが、公爵夫人となった後も「元フランス王妃」と呼ばれた。そのためメアリーは英語では「クイーン・メアリー」(Queen Mary)と呼ばれる。スコットランド女王メアリー・ステュアート(姉マーガレットの孫、フランス王フランソワ2世の王妃でもあった)やイングランド女王メアリー1世(兄ヘンリー8世の娘、同じくメアリー・テューダー)と時に混同されるので注意を要する。

当時のイングランド国王ヘンリー8世の妹であることから、様々な結婚話があったが、1515年フランス国王ルイ12世と結婚した。このときすでにチャールズ・ブランドンと恋愛中だったメアリーはヘンリー8世に、一度は政略結婚を引き受けるが、夫の死後は好きな人と結婚させてくれるよう約束させる。

当時すでにメアリの祖父ほどの年齢だったルイ12世は、3ヵ月後に死去した。しかし、ヘンリー8世は最初から約束を守る気などなく、次の結婚を考えていたが、ルイ12世の次のフランス国王フランソワ1世がヘンリー8世とほぼ同年齢でもありライバル心を持っていたため、フランスでメアリーとチャールズ・ブランドンを結婚させてしまう。ヘンリー8世は怒り狂い、2人がイングランドに帰ることを禁ずるが、後に莫大な金を支払って帰国がかなう。

ルイ12世が結婚後わずか3ヵ月で死去したことに関しては、早く死んでほしいメアリーが狩猟や宴を連日催して、年相応のおとなしい生活をしていた夫から体力を奪ったため、という説もある。

メアリー自身は歴史上あまり重要な役割を果たさなかったが、その孫のジェーン・グレイはメアリーの甥であるエドワード6世の遺言により即位し、王位簒奪者として処刑されることとなる。また、ジェーンの妹たちも後にエリザベス1世の次の王位継承候補者となる。

幼き日のアン・ブーリン(ヘンリー8世の王妃)がフランスに渡ったのは、メアリーの侍女としてであったという説がある。

参考文献[編集]

  • 渡辺みどり「英国王室物語」

小説[編集]

  • Jean Plaidy Mary, Queen of France
  • Jean Plaidy The lady in the tower