マリー・ド・ブラバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ド・ブラバン
マリー・ド・ブラバン

マリー・ド・ブラバン(Marie de Brabant, 1254年5月13日ルーヴェン - 1321年1月10日)は、フランスフィリップ3世の2番目の王妃。父はブラバント公アンリ3世、母はブルゴーニュ公ユーグ4世の娘アデライード。

1275年6月24日、最初の王妃イザベル・ダラゴンと4年前に死別したフィリップ3世と結婚した。2人の間には1男2女が生まれた。