コンスタンス・ド・カスティーユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンス・ド・カスティーユ

コンスタンス・ド・カスティーユ(Constance de Castille, 1136年/1141年? - 1160年10月4日)は、フランスルイ7世の2番目の王妃。父はカスティーリャアルフォンソ7世、母はバルセロナ伯ラモン・ベレンゲー3世の娘ベレンゲラ・デ・バルセロナ。スペイン名はコンスタンサ・デ・カスティーリャ(Constanza de Castilla)。

1154年にルイ7世と結婚した。ルイ7世は、最初の妻アリエノール・ダキテーヌと1152年に離婚していた(アリエノールはイングランド王ヘンリー2世と再婚した)。コンスタンスとルイ7世の間には2女が生まれた。

コンスタンスは1160年、次女の出産時に産褥死した。先妻アリエノールにもコンスタンスにも男子が生まれなかったため、ルイ7世はただちに3人目の王妃アデル・ド・シャンパーニュと結婚し、嗣子フィリップを得た。