マリー・レクザンスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・レクザンスカ(1748年)

マリー・レクザンスカ(Marie Leszczyńska(Leszczynska, Lesczynskaとも)、1703年7月23日 - 1768年7月24日)は、フランスルイ15世の妃。ルイ16世ルイ18世シャルル10世の祖母。父はポーランド王(のちロレーヌ公)スタニスワフ・レシチニスキ、母は王妃カタージナ・オパリンスカ。ポーランド名はマリア・レシチニスカ(Maria Karolina Zofia Felicja Leszczyńska)。チュシェブニツァドイツ名トレブニッツ、シレジア地方)で生まれた。

父スタニスワフはマリア誕生の翌年1704年スウェーデンカール12世によって傀儡のポーランド王に擁立された人物であるが、カール12世が1709年ロシアに敗れると王位を失い、一家は亡命してアルザスで暮らした。

ルイ15世は叔父であるスペインフェリペ5世の娘、つまり従妹に当たるマリアナ・ビクトリア1721年に婚約していた。当時ルイ15世は11歳、マリアナは3歳であった。マリアナは翌1722年にフランス王宮に迎えられて養育された。しかし、ルイ15世が15歳を迎えた1725年、婚約は破棄されてマリアナは故国に帰された(後にポルトガルジョゼ1世と結婚する)。王の嫡子が得られるようになるまで年月がかかりすぎることを不安視した宰相、コンデ家ブルボン公ルイ・アンリが、スペイン・ブルボン家との関係悪化を承知の上で下した決定であった。

代わって王妃に迎えられることになったのが、この年22歳になるマリー・レクザンスカであった。信心深く教養豊かな女性であったといわれるが、健康で年齢的にも子供がすぐにでも産めそうだというのが、元ポーランド王とはいえ弱小貴族の娘に過ぎないマリーが王妃に選ばれた理由であった。 1725年9月15日、ルイ15世とマリーの結婚式が挙げられた。2年後の1727年から、1738年に母体の負担を危険視した医師から警告されるまでの間に、マリーは2男8女を産んだ。

先代:
マリー・テレーズ
フランス・ナヴァール王妃
1725年 - 1768年
次代:
マリー・アントワネット