ブランシュ・デヴルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブランシュとフィリップ6世と娘ジャンヌ

ブランシュ・デヴルー(Blanche d'Évreux, 1331年 - 1398年10月5日)は、フランスフィリップ6世の2番目の王妃。ブランシュ・ド・ナヴァール(Blanche de Navarre)とも。フランス王ルイ10世の娘であるナバラ女王ジャンヌ(フアナ2世)とエヴルー伯およびナバラ王であるフィリップ・デヴルー(フェリペ3世)の次女。ルイ10世の弟シャルル4世の王妃ジャンヌ・デヴルーは父方の叔母である。

1350年1月11日に、父の従兄で母方の祖父ルイ10世の従弟でもあるフィリップ6世と結婚した。フィリップ6世は最初の妃ジャンヌペストで亡くしていた。結婚から7ヶ月余り後の1350年8月22日にフィリップ6世は死去したが、翌1351年に一女ジャンヌが生まれた。彼女はアラゴン王フアン1世と婚約したが、1371年にアラゴンへ向かう途上で死去した。

ブランシュは1398年に死去し、サン=ドニ大聖堂に葬られた。